授業コード 90349700 クラス
科目名 感情社会学調査演習Ⅰ 単位数 4
担当者 田中 慶子 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代社会における諸問題に関する感情社会学的アプローチについて
授業の概要 社会における諸問題について感情社会学的視角から捉えるための調査法を理解する。
調査法としては質的調査法を取り上げる。
学習の到達目標 社会における諸問題について感情社会学的視角から捉えるための質的調査法を身につけ、分析できるようになる
授業計画 第1回 社会学における調査法とは
第2回 量的調査と質的調査の概要
第3回 質的調査における研究倫理問題
第4回 インタビュー調査とは
第5回 ライフヒストリー調査とは
第6回 参与観察調査とは
第7回 質的調査における調査者と被調査者との人間関係の構築について
第8回 インタビュー調査の実施計画
第9回 インタビュー調査の実施報告
第10回 インタビュー調査のデータ分析
第11回 ライフヒストリー調査の実施計画
第12回 ライフヒストリー調査の実施報告
第13回 ライフヒストリー調査のデータ分析
第14回 参与観察調査の実施計画
第15回 参与観察調査の実施報告
第16回 参与観察調査のデータ分析
第17回 感情社会学的視角を用いたインタビュー調査のデータ分析再考
第18回 感情社会学的視角を用いたライフヒストリー調査のデータ分析再考
第19回 感情社会学的視角を用いた参与観察調査のデータ分析再考
第20回 感情社会学的視角を用いたインタビュー調査計画の作成
第21回 感情社会学的視角を用いたインタビュー調査の実施報告
第22回 感情社会学的視角を用いたインタビュー調査のデータ分析
第23回 感情社会学的視角を用いたライフヒストリー調査計画の作成
第24回 感情社会学的視角を用いたライフヒストリー調査の実施報告
第25回 感情社会学的視角を用いたライフヒストリー調査のデータ分析
第26回 感情社会学的視角を用いた参与観察調査の実施計画の作成
第27回 感情社会学的視角を用いた参与観察調査の実施報告
第28回 感情社会学的視角を用いたインタビュー調査のデータ分析
第29回 質的調査における問題点とは
第30回 総括
授業外学習の課題 事前学修2時間程度:講義内で課されたレジュメ作成をすること
事後学修2時間程度:講義内で分からなかった点を整理すること
履修上の注意事項 公認欠席は出席として扱いません。
レジュメを必ず持参すること
成績評価の方法・基準 発表50パーセント、期末レポート50パーセント、総合100パーセントで評価する。
テキスト 適宜指示する
参考文献 田中慶子『どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!』松籟社
田中慶子、中根光敏『社会学する原動力』松籟社など
主な関連科目 感情社会学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問等は講義内で受け付ける

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次 身につく能力
知識・技能 思考力 判断力 表現力 協創力
人文科学研究科M社会学専攻 23500 2024~2024 1・2 -