授業コード 90342600 クラス
科目名 感情社会学演習Ⅰ 単位数 2
担当者 田中 慶子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 感情労働という対人労働
授業の概要 現代の労働の多くは対人サービス業となっており、労働の場面においては状況にふさわしい感情表出することがスキルとしてみなされ、労働者はそのスキルを身につけ発揮するように要請されている。対人労働のスキルは公的場面にとどまらず私的場面にも拡大し、人間関係に影響を及ぼす。
本演習では、対人労働のスキルについて、主として接客販売の場面を通じて考察するとともに、公的/私的場面の曖昧さと人間関係における感情について社会学的視角から分析する。
学習の到達目標 現代社会における感情労働=対人労働におけるスキルを、公的/私的場面も含め、社会学的視角から分析できるようになる
授業計画 第1回 イントロダクション「演習の進め方について」
第2回 対人労働とは何か
第3回 対人労働をめぐる社会問題
第4回 対人労働におけるスキル
第5回 個別発表:感情労働におけるテーマ設定
第6回 個別報告──感情労働における問題性
第7回 個別報告──感情労働と社会問題
第8回 個別報告──感情労働と公的場面
第9回 個別報告──感情労働と私的場面
第10回 対人サービス業における問題性──感情管理を中心に
第11回 個別報告──感情労働と対人サービス業の問題性
第12回 個別報告──企業における感情規則・感情管理
第13回 個別報告──日常生活における感情規則・感情管理
第14回 個別報告──公的・私的場面における感情管理トラブル
第15回 総括
授業外学習の課題 講義には、毎回指定された課題に関して、文献を読み、レジュメを作成して臨むこと。
(事前学修2時間)講義で出された課題についてレジュメ作成すること
(事後学修2時間)講義内で分からなかった・分かりにくかった用語や事例について調べること
履修上の注意事項 講義を受講するための準備を怠らないこと。
欠席する場合は事前連絡すること。公認欠席は出席として扱わない。
講義内で出された課題のレジュメを作成し、出席すること。
状況によって授業計画が前後したり変更がなされることがあります。
成績評価の方法・基準 講義におけるレポート報告(70パーセント)とディスカッションへの参加度(30パーセント)によって評価を行う。
テキスト 講義内で適宜指示する
参考文献 田中慶子『どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!』松籟社
田中慶子・中根光敏『社会学する原動力』松籟社
主な関連科目 感情社会学演習Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義内外で適宜対応する
添付ファイル 大学院ルーブリック.pdf 説明

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次 身につく能力
知識・技能 思考力 判断力 表現力 協創力
人文科学研究科M社会学専攻 2023~2023 1・2
人文科学研究科M社会学専攻 23500 2024~2024 1・2