授業コード 11063308 クラス 08
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 橘 洋介 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ゼミナールⅣ
授業の概要 交通はみなさんの身の回りに当たり前のようにあって、しかもその存在を特に意識することもないほどの存在です。ということは、裏を返せば日常のあらゆる場面に交通は入り込んでいるということです。社会活動をする上で、移動と無縁な日は一日たりとも無いと言っても過言ではないでしょう。それゆえ、交通を切り口として社会を眺めてみることも、私たちの社会をより深く知る上で有意義なことといえるでしょう。そこでこのゼミでは、以下の3つのことを行ってもらいます。

①交通論のテキストの輪読
②テーマごとのグループワーク
③個人研究と卒業論文執筆

このゼミナールⅣでは主に①の交通論のテキストの輪読と③を行います。
学習の到達目標 社会科学における研究遂行上の基本的技術を修得する。
論文作成における基礎的技術を修得する。
授業計画 第1回 交通論のテキストの輪読:投資の優先順位
担当者(1~4番)による研究報告①
第2回 交通論のテキストの輪読:費用便益分析の注意点と課題
担当者(5~8番)による研究報告②
第3回 交通論のテキストの輪読:交通インフラの財源システム
担当者(9~12番)による研究報告③
第4回 交通論のテキストの輪読:政府間補助と交通インフラ整備
担当者(1~4番)による研究報告④
第5回 交通論のテキストの輪読:交通インフラと地価
担当者(5~8番)による研究報告⑤
第6回 交通論のテキストの輪読:交通インフラ整備・運営の改革
担当者(9~12番)による研究報告⑥
第7回 交通論のテキストの輪読:経済的規制と社会的規制
担当者(1~3番)による研究報告⑦
第8回 交通論のテキストの輪読:経済的規制
担当者(4~6番)による研究報告⑧
第9回 交通論のテキストの輪読:社会的規制と間接規制
担当者(7~9番)による研究報告⑨
第10回 交通論のテキストの輪読:公的供給
担当者(10~12番)による研究報告⑩
第11回 交通論のテキストの輪読:運賃規制
担当者(1~3番)による研究報告⑪
第12回 交通論のテキストの輪読:総括原価方式
担当者(4~6番)による研究報告⑫
第13回 交通論のテキストの輪読:インセンティブ規制
担当者(7~9番)による研究報告⑬
第14回 交通論のテキストの輪読:フランチャイズ入札
担当者(10~12番)による研究報告⑭
第15回 研究報告会
授業外学習の課題 きちんと予習しましょう。特に報告者は十分理解してから報告しましょう。「付け焼き刃はなまり易い」のとおり、不勉強はすぐに露見します。
履修上の注意事項 ゼミナールは参加者同士で作り上げていくものです。したがって、理由なく欠席した場合は参加の意思なしとみなします。また、他人からコメントをもらうだけで、自分は他人にコメントしないことも参加の意思なしとみなします。
成績評価の方法・基準 ゼミへの参加姿勢および各人の報告内容によって評価します。報告内容を100%として、無断欠席や一度も発言しない場合は減点とします。
テキスト 『交通経済のエッセンス (有斐閣ストゥディア)』田邉勝巳
参考文献 初回に案内します。
主な関連科目 交通概論、国際交通論、現代経済入門Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゼミナール後、もしくは事前にアポイントをとってもらえれば随時対応します。メールアドレスはゼミの初回時にお伝えします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2016~2016 3・4
商学部商学科(F群) FCBS36041 2018~2023 3・4