授業コード 91207700 クラス
科目名 経営学原理研究Ⅱ 単位数 2
担当者 岡田 行正 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 アメリカ人事管理論・人的資源管理論の発展史研究
授業の概要 アメリカの人事管理に関わる主要理論を発展史的に考察する。
受講生による発表・報告をもとに、議論しながら理解を深めていく。
学習の到達目標 アメリカで発展してきた各段階における人事管理・人的資源管理の理論の特徴と意義について、理解・習得できるようになること。
授業計画 第1回 講義の目的・概要と進め方
第2回 科学的管理が人事管理生成に果たした役割
第3回 ティード&メトカーフの人事管理論
第4回 ヨーダーの人事管理論
第5回 ピコーズ&マイヤーズの人事管理論
第6回 メギンソンの人事管理論
第7回 人的資源管理論(ハーバード・グループ)
第8回 戦略的人的資源管理論(ミシガン・グループ)
第9回 タレントマネジメント論(マッキンゼー)
第10回 人事管理・人的資源管理・タレントマネジメントの各理論と労使関係の関わり
第11回 経営戦略論と人的資源管理論の関係
第12回 理論発展にみる管理対象と労働者観の変遷
第13回 戦略・規制緩和・競争優位性・無形の資産・組織変革・ダイバーシティマネジメント
第14回 日本企業の現代的課題と方向性
第15回 総括
授業外学習の課題 テキストは、必ず事前によく読んでおいてください。
授業の進め方としては、各受講生にそれぞれの担当箇所を割り当て、毎回、レジュメにまとめて発表・報告してもらうという形式をとります。
その際、単にテキストの担当箇所をまとめるだけでなく、担当箇所の内容と関係する文献・論文などを図書館などで調べ、レジュメの内容に取り入れるように心がけてください。
履修上の注意事項 【すべて対面型授業】

①受け身ではなく、積極的かつ活発な議論・質疑応答を望みます。
②講義中に紹介する参考文献等は、大学図書館を積極的に活用し、是非目を通してください。
③無断欠席は厳禁。
成績評価の方法・基準 発表・報告の資料(60%)、および質疑応答(40%)などによって総合的に評価する。
テキスト 受講者と相談のうえ、決める。
参考文献 必要に応じて、その都度指摘する。
主な関連科目 経営学原理研究Ⅰおよび商学研究科開講の経営学各科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
大学院の講義ですので、基本的に質問等は、授業中に随時受け付けます。また、オフィスアワー(月曜日・5時限)を利用して、研究室に質問・相談に来てくれても構いません(ただし、会議や出張などで不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましい)。それ以外の日時でも、メール等で事前に問い合わせてもらえれば、時間調整して対応します。


【フィードバックの方法】
毎時限、各受講者の発表・報告内容についてフィードバックを行います。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学研究科M経営学専攻 2020~2022 1・2