授業コード 90702300 クラス
科目名 信頼性理論特殊研究 単位数 4
担当者 海生 直人 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 信頼性理論
授業の概要 応用確率論を基礎とし、数理的にシステムを解析するための信頼性理論および保全性理論の発展的話題を教育・研究する。内容としては、モデルの確率的挙動および様々な評価関数の設定・最適化による最適方策の導出およびその評価を教育・研究する。
以下の授業計画に従って研究を進める予定である。
学習の到達目標 信頼性理論を基礎とする研究分野での調査・研究が独自にできることが目標である。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 Introduction(その1)(Typical Failure Distributions)
第3回 Introduction(その2)(Stochastic Processes)
第4回 Repair Maintenance(その1)(One-Unit System)
第5回 Repair Maintenance(その2)(Standby System with Spare Units)
第6回 Repair Maintenance(その3)(Standby Redundant System)
第7回 Repair Maintenance(その4)(Parallel Redundant System)
第8回 Preventive Maintenance(その1)(One-Unit System with Repair)
第9回 Preventive Maintenance(その2)(Two-Unit System with Repair)
第10回 Preventive Maintenance(その3)(Modified Discrete Preventive Maintenance Policies)
第11回 Inspection Policies(その1)(Standard Inspection Policy)
第12回 Inspection Policies(その2)(Asymptotic Inspection Schedules)
第13回 Inspection Policies(その3)(Inspection for a Standby Unit)
第14回 Modified Maintenance Models(その1)(Modified Discrete Models)
第15回 Modified Maintenance Models(その2)(Maintenance Policies for a Finite Interval)
第16回 The Finite Population Exponential Model
第17回 Lifetime Data Analysis(その1)(Data Analysis for the Exponential Model)
第18回 Lifetime Data Analysis(その2)(Weibull Analysis)
第19回 Counting the Number of Failures(その1)(Hypergeometric and Binomial Distributions)
第20回 Counting the Number of Failures(その2)(Applications of the Poisson Process)
第21回 The Economics of Maintenance Decisions(その1)(Deterministic Economic Analysis)
第22回 The Economics of Maintenance Decisions(その2)(Sampling Inspection)
第23回 Network Reliability(その1)(Network Reliability Analysis: The Factoring Algorithm)
第24回 Network Reliability(その2)(General Methods for System Reliability Calculation)
第25回 System Failure Analysis: Fault Tree(その1)(System Failure Analysis)
第26回 System Failure Analysis: Fault Tree(その2)(Fault Tree)
第27回 System Availability and Maintainability(その1)(Calculating System Reliability in the Absence of Repair)
第28回 System Availability and Maintainability(その2)(Coherent Systems with Separately Maintained Components)
第29回 Influence Diagrams(その1)(Using Influence Diagrams)
第30回 Influence Diagrams(その2)(Probabilistic Influence Diagrams)
授業外学習の課題 授業前の学習として関連部分を自分なりに調べること。授業後の学習として習ったものを理解し覚えるまで何度も自分で解析をすること。
履修上の注意事項 予習及び復習をすること。
自分で解析をすること。
授業は対面授業を実施します。
新型コロナウイルスの感染状況等によっては授業形態を非対面に切り替えます。
成績評価の方法・基準 平常点により行う。
テキスト 未定
参考文献 R. E. Barlow and F. Proschan, "Mathematical Theory of Reliability," Wiley, New York, 1965.
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は原則的に授業開始時・授業中・授業終了時に受け付けます。オフィスアワーに関しては部屋に居るときはいつでも(緊急の用事のあるとき、および緊急の仕事中等は除く)。
研究・学習・発表の内容、研究・学習・発表に対しての姿勢等の講評(フィードバック)は30回目の授業時に行う。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学研究科D経済情報専攻 2021~2022 1・2・3