授業コード 64002501 クラス 01
科目名 食品衛生学実験 単位数 1
担当者 新田 由美子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 食品衛生学実験 Experiments concerning to the Food Hygiene
授業の概要 食品の変質、食中毒、食品添加物などについて、食品衛生学で学んだ事項の理解度を確認します。
その上で、理化学実験および食品微生物学実験を通じ、食品の安全性と衛生管理に係る理解を深めます。
食品の鮮度測定、食品中の食品添加物(発色剤、保存料、金属元素等)の検出、食材中のアレルゲン検査を行います。
滅菌法の基本操作と微生物培養の基礎実験操作を行い、その過程で作業環境清浄度を検査・評価・改善する方法を習得します。
「スポンジ」問題の提起と、その問題解決を試みます。
学習の到達目標 HACCPに準拠した衛生管理の重要性を習得します。
身近な食材を取扱い、衛生環境整備の方法を修得します。
授業計画 第1回 オリエンテーション(実験室ルール、実験レポートの書き方、単位認定)。
第2回 食品衛生に係る問題提起(「スポンジ」問題)。
器具の衛生管理(ルミテスターの生化学的原理を理解する)。
第3回 食品添加物の評価(食品衛生学の課題レポート「食品添加物調査」を用いた添加物整理、添加物使用問題の発掘、発表)。
第4回 カキの衛生管理(カキの解剖、加熱殺菌、滅菌操作)。
ルミテスターによる器具の衛生管理。
第5回 食品添加物の評価(ハム、ソーセージの亜硝酸ナトリウムを簡易計測する)。
第6回 衛生管理の方法と評価(アレルゲンとしての手袋、顕微鏡操作)。
食物アレルギーの理解(アレルゲンの検出検査)。
第7回 水質検査と評価(pH, 臭気・味・色度, 重金属, 塩化物イオン濃度, 亜硝酸, 有機物)。
食品衛生に係る問題解決(「スポンジ」問題)。
第8回 DNAを抽出する(ブロッコリー、キャベツ、鶏肉、魚肉)。
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
授業外学習の課題 毎回の実験レポートを作成してください。実験ノートに毎回の実験の詳細を記入してください。
履修上の注意事項 対面授業です。
対面授業の出席確認は、自己健康管理・行動確認表をもとに保健室の判断に従って行います。

白衣を各自で準備してください。
大学ノート(A4サイズ、1冊)を各自で持参してください。
1年次に受講した食品衛生学の「課題レポート(食品添加物調査)」を各自で準備してください(グループ人数分)。
成績評価の方法・基準 実験レポート(80%)、大学ノート(20%)。
テキスト 後藤政幸(編)Nブックス 実験シリーズ 食品衛生学実験 建帛社
参考文献 随時、紹介します。
主な関連科目 食品衛生学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時、対応します。
URLリンク 食品添加物一覧

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部健康栄養学科(食べ物と健康) FHNU20308 2017~2022 2・3・4