授業コード 63008607 クラス 07
科目名 心理学応用実習Ⅱ 単位数 1
担当者 古満 伊里 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 心理学応用実習Ⅱ Practical Training in Research Method of Psychology (Experiment)
授業の概要 心理学実験の企画から報告書の作成に至る実験研究の全過程を,実習を通じて体験的に学習することがこの授業の目的です。研究テーマの設定,仮説構成,実験方法の工夫,実験によるデータ収集,実験データの分析(分散分析等),報告書の作成,結果のプレゼンテーションまでの流れを体験します。
学習の到達目標 心理実験の基本的方法を理解し,実践できるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス,心理学実習Ⅲの振り返り,研究グループの決定
第2回 研究テーマの探索(文献検索)
第3回 研究テーマの決定・研究計画書の作成
第4回 実験装置の工夫
第5回 実験装置のセットアップ
第6回 予備実験の実施と実験結果による問題点の把握,方法の修正
第7回 本実験によるデータ収集(リクルートおよび実験実施)
第8回 本実験によるデータ収集(実験のデータ収集)
第9回 本実験によるデータ収集(データ入力およびクリーニング)
第10回 実験データの分析(記述統計)
第11回 実験データの分析(仮説検証)
第12回 実験データの分析(追加の分析)
第13回 結果のプレゼンテーションの準備
第14回 プレゼンテーション・講評
第15回 まとめならびに報告書の提出
授業外学習の課題 授業の性質上,授業時間外に実験を実施し,さらにデータ分析の多くも授業時間外の課題となります。これらの課題を遂行するための目安はおよそ60時間です。タイムスケジュールをしっかり立て,さらにそれをグループ内で共有し,常に時間を意識しながら作業を進めてください。
履修上の注意事項 1.授業は対面で行います。
2.実習は小グループに分けて行うのでお互いに協力して取り組んで下さい(協働・協創の精神)。
3.実験データの分析には統計的知識が必要となります。授業でも説明しますが,関連科目をしっかりと履修して内容を理解しておいてください。
成績評価の方法・基準 報告書の内容(50%)と課題へのコミットメント(50%)によって評価します。
テキスト 使用しない。
参考文献 後藤宗理・中沢潤・大野木裕明 (2000). 「心理学マニュアル 要因計画法」 北大路書房
主な関連科目 心理学研究法,心理調査概論,心理学統計法Ⅰ・Ⅱ,心理学実験,演習Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.課題遂行に必要な質問・相談は随時受け付けます。予めe-mailによってアポイントメントをお取り下さい。
2.提出された発表資料については,随時コメントを付して返却する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部心理学科(専門発展) FHPS37302 2018~2022 3・4