授業コード 63008604 クラス 04
科目名 心理学応用実習Ⅱ 単位数 1
担当者 増田 尚史 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 認知心理学に関する実験実習(2) Practice of Cognitive Psychology (2)
授業の概要  「視覚的単語認知」に関して履修者がグループで企画した実験(コンピュータ制御による個別実験)を実施する。先行研究の調査,目的・仮説の設定,実験計画の策定,実験手続きの考案,データ分析,考察,レポート作成を履修者がグループ単位で自律的に行うことにより,認知心理学的な実験の実施に必要な知識と技術を習得する。
学習の到達目標 卒業論文研究に必要な知識と技術を習得し,各自が自律的に認知心理学的実験を実施できるようになること。
授業計画 第1回 イントロダクション(1):「心理学応用実習I_04」のレポートを用いたレポートの書き方に関する指導
第2回 イントロダクション(2):視覚的単語認知研究の概要に関する説明
第3回 実験の企画(1):問題意識の集約,テーマ決定(グループワーク)
第4回 実験の企画(2):決定したテーマに関する先行研究の悉皆的収集(グループワーク)
第5回 実験の企画(3):研究目的・仮説,実験目的・仮説の明確化(グループワーク)
第6回 実験の準備(1):要因配置・実験条件の設定(グループワーク)
第7回 実験の準備(2):刺激材料の選定(グループワーク)
第8回 実験の準備(3):実験制御用コンピュータ・プログラムに関する指導
第9回 実験の準備(4):実験制御用コンピュータ・プログラムの作成(グループワーク)
第10回 実験データの分析(1):基本統計量の算出と図表の作成(グループワーク)
第11回 実験データの分析(2):分散分析,下位検定,事後分析(グループワーク)
第12回 考察(1):実験結果に対する解釈と目的・仮説との関係(グループワーク)
第13回 考察(2):実験の問題点の洗い出しと今後の課題(グループワーク)
第14回 考察(3):目的・仮説の再検討(グループワーク)
第15回 レポートの準備:レポートの構造の確認(グループワーク)
授業外学習の課題 実習科目という性質上,授業時間外に実験の実施,データの入力などの作業を行う。これらには少なくとも20時間を要する。
履修上の注意事項 ・授業実施形態は【対面授業】とする。ただし,新型コロナウイルス感染症拡大等に伴って全学的に非対面授業へ移行した場合には,移行期間中のすべての授業回を【オンライン授業】(Zoomを利用した同時双方向型の非対面授業)とする。
・授業の性質上,欠席は厳に慎むこと。やむをえない理由によらず3回を超えて欠席した場合には単位を認定しない。なお,やむをえない理由とは忌引きや感染症の罹患等を指す。
・前期に「心理学応用実習I_04」を必ず履修していること。
成績評価の方法・基準  グループワークへの参与度(50%)とレポート内容(50%)により評価する。ただし,欠席(遅刻,早退を含む)に応じて減点する。
 なお,レポート内容には知識・技能,思考力,判断力,および表現力が反映され,グループワークへの参与度には思考力,判断力,表現力,および他者との協創力が反映されていると想定している。
テキスト 使用しない。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 「心理学応用実習I_04」「演習I・Ⅱ_04」「知覚・認知心理学」「学習・言語心理学」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
・授業内容に関するフィードバックは,その都度,授業内において行う。
・提出されたレポートに関するフィードバックは,Moodleのコースにおいて行う。
・より複雑な事案については,事前にアポイントメントを取った上で,質問・相談をすること。
 電話:082-830-1202(直通)もしくは内線3220
 電子メール:hmasuda@shudo-u.ac.jp
 面談場所:協創館8410教室もしくは3号館2階談話スペース(質問・相談の内容による)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部心理学科(専門発展) FHPS37302 2018~2022 3・4