授業コード 63005805 クラス 05
科目名 演習Ⅱ 単位数 2
担当者 鈴木 亜由美 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 発達心理学および関連領域に関する演習 (2)
授業の概要 発達心理学に関する文献を講読する。演習Ⅱでは各自の関心に応じて発表する文献を選択する。発表は3回程度を予定している。1回目の発表では各自の関心にもとづいて検索した書籍の中の一部,2回目の発表では学術誌に掲載されている心理学論文を,発表資料(レジュメ)にまとめて発表する。3回目の発表では,各自の卒業論文に向けた構想をスライド(Power Point)を用いて発表する。発表内容にもとづき,履修者全員での討論および担当者による解説を行う。
学習の到達目標 ・発達心理学に関する文献の読み方に習熟すること。
・卒業論文に向けて各自の関心を絞っていくこと。
授業計画 第1回 ガイダンス,発表スケジュール決定
第2回 文献についての発表(第1グループ)
第3回 文献についての発表(第2グループ)
第4回 文献についての発表(第3グループ)
第5回 文献についての発表(第4グループ)
第6回 文献についての発表(第5グループ)
第7回 1回目発表ふりかえり
2回目発表準備
第8回 論文についての発表(第1グループ)
第9回 論文についての発表(第2グループ)
第10回 論文についての発表(第3グループ)
第11回 論文についての発表(第4グループ)
第12回 論文についての発表(第5グループ)
第13回 第2回発表ふりかえり
卒業論文に向けて(講義)
第14回 文献検索,スライド作成
第15回 卒業論文の構想発表
授業外学習の課題 発表のための文献の検索,講読および発表資料の作成。
他の発表者の作成した資料を事前に読んでくる(所要時間1コマ当たり90分程度)。
履修上の注意事項 ・欠席や遅刻をしない(やむを得ず欠席する場合は事前に連絡すること)。
・5回を超えて欠席した場合には成績評価の対象としない。
・討論に積極的に参加すること。
成績評価の方法・基準 発表の内容(80%)と討論への参加の姿勢(20%)により評価する。
テキスト なし
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 演習Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
・質問への対応は授業の前後に行う。授業外に質問・相談が必要な場合には,まずE-mailで問い合わせること。
・発表内容についてのフィードバックは授業内で行う。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部心理学科(専門発展) FHPS37304 2017~2022 3・4