授業コード 90335900 クラス
科目名 心理統計法特論 単位数 2
担当者 横田 晋大 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 心理統計法特論
授業の概要 本講義は「統計法」の概説である。すなわち、心理学の分野で活用される統計的データ解析法の習熟を目指すものである。前半では、記述統計学(度数分布、代表値、散布度、正規分布と標準得点など)の学習を行う。後半は、前半の内容を基礎として、様々な統計的検定法(相関関係、χ二乗検定、t検定、分散分析など)の基本原理について概説する。
学習の到達目標 統計法の基本的な考え方を理解し,簡単なデータ・セットに対する適切な統計手法を選択して分析し,分析結果を適切な形式で記述できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 変数とデータ、度数分布
第3回 代表値(平均値、中央値、最頻値、標準偏差)
第4回 正規分布と偏差値
第5回 相関と因果、相関関係
第6回 クロス表とカイ二乗値
第7回 推測統計
第8回 対応の無いt検定
第9回 対応のあるt検定
第10回 一元配置の分散分析:参加者間計画
第11回 一元配置の分散分析:参加者内計画
第12回 二元配置の分散分析:参加者間計画
第13回 二元配置の分散分析:参加者内計画
第14回 重回帰分析
第15回 因子分析
授業外学習の課題 各回の講義は前回の講義内容が基礎になっていることから,各回の講義内容をよく復習し,理解を確認した上で次回の講義に臨むこと。
【変更】第1回目の内容はオンラインで行う。第15回目はMoodleでの課題をもってかえる (いずれもSlackを確認すること)。
履修上の注意事項 遅刻や早退は、授業の支障になるため、時間厳守のこと。また、社会的マナーとして、授業中の私語、携帯電話の操作などは一切認めない。繰り返しの注意にもかかわらず改善が見られない場合は退出を求め、欠席扱いとする。
成績評価の方法・基準 毎回授業で提出する小レポート(70%)+ 受講態度(30%)
テキスト 使用しない。
参考文献 授業時に紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
わからないことがあれば、遠慮なく質問をすること。
課題等に対するフィードバックは、授業内およびMoodleにて行う予定である。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文科学研究科M心理学専攻 2018~2020 1・2