授業コード 63008602 クラス 02
科目名 心理学応用実習Ⅱ 単位数 1
担当者 志和 資朗 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 心理学実験実習と心理査定実習
Psychological Experimental Practice and Assessment Practicum
授業の概要  こころを客観的(実証科学的)に評価する方法について、実験実習ならびに心理査定実習により明らかにしていきます。
 実験実習では、個人あるいはグループで研究計画の立案、実験の準備、実験、結果の処理(結果の視覚化)、統計分析を行い、最終的には個別に論文を執筆します。「自分はこの研究で何を明らかにしたいのか(research question)」という視点を持ち、それを明らかにするための研究計画の立案と資料収集、論文執筆ができるようになることに重点を置いています。
 グループ実験の場合、協働してタスクに取りかかることにより、「共同体感覚」を養っていきます。
学習の到達目標 ・仮説検証実験の実験計画が立てられるようになること。
・研究計画の立案、実験の準備、実験、結果の処理(結果の視覚化)、統計分析を行い、論文執筆ができるようになること。
・研究成果を的確に資料としてまとめて発表し、プレゼンテーションのスキルを養うこと。
授業計画 第1回 心理学応用実習Ⅱの概要と方針について
実験計画(素案)と発表(独立変数と従属変数)
第2回 実験計画(詳細)と発表(レジュメ作成のポイント)
第3回 実験計画の発表(要因計画と分析について)
第4回 実験計画の発表(仮説と分析について)
実験計画の最終確認(同意書の作成、教示の作成)
第5回 実験の準備(「方法」提出添削)
第6回 実験の実施(進捗状況の発表)
第7回 実験の実施(進捗状況の発表)
第8回 実験の実施(「序論」提出添削)
第9回 実験終了(結果の処理について)
第10回 結果の分析(「結果」提出添削)
第11回 考察、仮説の検証(「考察」提出添削)
第12回 引用文献、要約、表紙等提出準備(レポート提出)
第13回 発表用スライドの作成
第14回 実験研究成果の発表と討議
第15回 実験研究成果の発表と討議
心理学応用実習の振り返りとまとめ
授業外学習の課題 実験実習では、半期間で実験計画の立案から論文作成まで行います。各自4年次の卒業論文を想定し、興味関心のある内容について情報を収集してください。
心理査定では、多くの種類のテストで実習を行います。実習を終えたテストについては内容を系統立てて整理してください。
レポートの書き方については、「心理学研究」執筆・投稿の手引きに則って、きっちり習得しておいてください。
履修上の注意事項 無断欠席、自己の過失による遅刻は認めません。
やむを得ず欠席する場合は、事前に必ず連絡をください(事後でも必ず連絡をしてください)。
課題として出されたレポートあるいはレジュメは、指定された期限までに指定された場所に必ず提出してください。
【重要】この実習(特に心理査定)において知り得た他者の個人情報については、守秘義務を課します。心理テストおよびその結果の取扱いには十分注意してください。
【対面授業】有 【非対面授業】無
  <非対面授業に変更になった場合>
  同時双方向:有、オンデマンド:有、課題研究:有
成績評価の方法・基準 【期末試験】無
レポートの内容(50%)、研究発表の内容(30%)、日頃の授業への取り組み方(20%)により総合的に評価します。
テキスト 適宜紹介します。
参考文献 日本心理学会 認定心理士資格認定委員会(編)(2015). 認定心理士資格準拠 実験・実習で学ぶ心理学の基礎 金子書房
森 敏昭・吉田 寿夫 (編著)(1990). 心理学のためのデータ解析テクニカルブック 北大路書房
日本心理学会 (2015).「心理学研究 執筆・投稿の手びき」日本心理学会
主な関連科目 「心理学応用実習I」「演習I」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に随時質問タイムを設けます。
授業時間外においてはメールやE-Learningシステム(Shudo Moodle)でも随時受けつけます。
小レポート等に記載された質問や意見、教員からの所感については次回授業時にフィードバックします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部心理学科(専門発展) FHPS37302 2018~2018 3・4