授業コード 50017204 クラス 04
科目名 マインド・リテラシー形成ゼミナールa 単位数 2
担当者 宮川 卓也 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 科学技術社会論基礎文献講読
授業の概要 大学生が身につけるべき最重要能力とは読む力と書く力、そして考える力である。本ゼミは、科学技術と社会、環境に関する文献を読み、現代において科学技術がどのような性格をもつのか、それについてわれわれはどう考えるべきなのか議論することを通じて、読み、書き、考える力を身につけることを目的とする。
本ゼミでは、日本人の食と環境問題に関する古典的名著を通読し、基礎知識の向上も目的に掲げる。
学習の到達目標 文献購読を通じて、現代社会における科学技術、消費行動、環境問題がどのように関連しているのか、私たちにとって科学技術と環境問題は何であり、どのように関わるべきなのかについて深く考え、その考えを自分の言葉で表現できるようになることを目標とする。特に環境問題がいかに身近であるか、その社会的構造はどのようなものかを見つめ直し、その複雑さと深刻さについて理解を深めることを重要な目標に据える。
授業計画 第1回 ゼミの進め方、授業計画および課題の説明。読書課題の紹介。
第2回 『バナナと日本人』1〜2章
第3回 『バナナと日本人』3〜4章
第4回 『バナナと日本人』5〜6章
第5回 『バナナと日本人』7〜9章
第6回 文章の書き方
第7回 『エビと日本人』1章
第8回 『エビと日本人』2〜3章
第9回 『エビと日本人』4章
第10回 『エビと日本人』5章
第11回 『エビと日本人Ⅱ』1章
第12回 『エビと日本人Ⅱ』2章
第13回 『エビと日本人Ⅱ』3章
第14回 『エビと日本人Ⅱ』4章
第15回 『エビと日本人Ⅱ』5章
授業外学習の課題 読書課題を熟読し、読書ノートを書くこと。
読書課題に関連するニュースや話題を自ら見つけてくること。
履修上の注意事項 0) 特別な理由のない限り欠席は認めない。
1) 受講生は必ず読書課題を熟読して参加すること。
2) 受講生は必ず毎回A4で1〜2枚の読書ノート(課題を読んで自分が考えたこと、疑問に思ったことなど)を書いて提出しなければならない。メモの書き方については初回のゼミで案内する。
3) 受講生は積極的に議論に参加すること。自分の考えを自分の言葉で表現するよう努力すること。
4) 受講生は大人の分別をもってゼミに臨むこと。
5) 授業の進度はゼミの状況に応じて変更する可能性がある。
【修正】第6回目の授業内容は期末レポートに代える。
成績評価の方法・基準 読書ノート(80%)、期末レポート(10%)、授業への取り組み(10%)で評価する。
特別な事情のない限り、一度でも読書ノートの未提出があった場合は評価の対象としない。
無断欠席は認められない。
テキスト 鶴見良行『バナナと日本人』岩波新書、1982年
村井吉敬『エビと日本人』岩波新書、1988年
村井吉敬『エビと日本人Ⅱ』岩波新書、2007年
参考文献 本多勝一『日本語の作文技術』を一読することを強く推奨する。その他の関連文献については講義中に適宜紹介する。
主な関連科目 「科学技術社会論」「現代環境思想」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
原則的に月曜日2限とするが必ず事前にアポをとること。他の曜日・時間については応相談。
質問は常時受け付ける。読書ノートについてのコメントは毎時間行う。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES27103 2017~2017 2・3・4