授業コード 50004400 クラス
科目名 資源経済学 単位数 2
担当者 坂本 智幸 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 資源経済学(Introduction to Resource Economics)
授業の概要 本講義で扱う自然資源は鉄鉱石や石油といった鉱物資源や森林や魚といった生物資源である.鉱物資源は利用すればいずれ枯渇するが,生物資源は再生することから鉱物資源とは異なる状況下において枯渇する場合がある.資源経済学は,この様な自然資源の特徴に注目し,自然資源の市場取引について考える学問である.また,自然資源の利用と環境問題は密接に関係することから,持続可能な社会の構築を目指す中で自然資源の取引について考えていくことが求められる.本講義では,経済学のフレームワークを用いて,自然資源の特徴を踏まえた生産・消費に関する考え方を説明する.
学習の到達目標 講義の内容を理解し,発展科目,及びゼミナール科目における学修につながる事項を修得する
授業計画 第1回 講義のガイダンスとイントロダクション(自然資源経済学とはなにか?資源経済学が対象とする課題とは何か?)
第2回 経済学の基本的な事項の復習①(支払意志額/需要)
第3回 経済学の基本的な事項の復習②(費用/供給)
第4回 経済学の基本的な事項の復習③(効率性と持続可能性)
第5回 一般的な自然資源問題(市場と効率性/自然資源に対する公共政策)
第6回 自然資源の分析のための基本原則
第7回 自然資源の評価
第8回 これまでのまとめと到達度の確認(1)
第9回 鉱物資源の経済学
第10回 エネルギーに係る経済学
第11回 森林の経済学
第12回 野生生物管理の経済学
第13回 生物多様性の保護の経済学
第14回 これまでのまとめと到達度の確認(2)
第15回 資源経済学の総まとめと応用
授業外学習の課題
  1. 1回の講義につき4時間程度の予習・復習が求められる.授業外学修においては講義の内容の理解を深めるために予習・復習に十分な時間を充てること.

  2. 講義内容の理解を深めるには,配布するレクチャーノートや参考文献を併用しながら教科書を熟読することが有益である.

  3. 講義や復習の中で生じる疑問は,講義終了の時間,オフィスアワー,Moodleのアンケート(コメントシート)を活用すること.
履修上の注意事項

  1. 本講義は受講生が経済学入門の単位を既に取得していることを前提としている.従って,経済学入門の履修を済ませておくか,独自に経済学の学習を済ませ同講義の内容と同程度の知識を身に着けておくこと

  2. 講義で説明する内容には連続性があるので,欠席せず積極的に講義に参加すること(講義への出席は当然だと考えている)

  3. 履修登録終了後,担当教員が履修者名簿を用いて受講生をMoodleに登録するが,タイミングの問題から履修登録を変更した学生の登録は行っていない.従って,Moodleを利用できないと分かった受講生は,その時点で速やかに担当教員に連絡すること.

  4. 受講生の理解に応じて講義の進捗を調整する.従って計画の一部が省略されるか,前後する場合もある.

  5. この講義は対面形式による授業を基本とする(ただし,今後の状況に応じてオンライン形式の講義に移行する場合もある).

  6. この講義では講義資料の提供,及び受講生の課題の提出をGoogle Classroomで行う.Google Classroomが利用できないと分かった受講生は,その時点で速やかに担当教員に連絡し,利用できるよう状態にしておかなければならない.

成績評価の方法・基準 学習の到達目標に記載する事項の理解度について,到達度の確認を測る試験(第8回,第14回,それぞれのウェイトは20%,80%とする)から測り,その結果を基に評価する.
テキスト

  1. 庄子・柘植・栗山(2016)『入門 自然資源経済学』,日本評論社,392ページ(原著:Field, B. C. 2008 “Natural resource economics-An introduction, 2nd edition”, Waveland Press Inc. )

参考文献 講義において適宜紹介する
主な関連科目 環境経済学,経済学入門,資源エネルギー論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了時,オフィスアワー(火曜日5時限・第2研究棟1F)において,講義の中で生じた質問等に応ずる.またMoodleで行う授業アンケートも質問に活用してもらいたい

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) 2011~2016 1・2・3
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) FHES13104 2017~2017 1・2・3
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) FHES23107 2018~2020 2・3・4