授業コード 20018902 クラス 02
科目名 卒業研究 単位数 4
担当者 志和 資朗 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文(実証科学に基づく実験・調査研究論文の作成)
Graduation thesis of clinical psychology
授業の概要  演習I II・心理学実習III IVを通して習得した自らの行動理論を背景に実験・調査を⾏い、卒業論⽂を作成します。関⼼のあるテーマについて先行研究をレビューした上で研究計画を立て、問題提起、研究成果(統計的処理)、理論的考察、明確な結論をそなえた論文を作成することを目的とします。
 卒業論⽂は、最終的に、心理学教員全員による口頭試問を経た上で、主に論⽂の形式および内容について総合的に評価をおこないます。論文の形式とは、「心理学研究 執筆と投稿の手引き」に基づいた形式に則していること。論⽂の内容とは、問題提起、研究成果(統計的処理)、理論的考察、明確な結論をそなえていることです。
 卒業論⽂指導はスモールステップ⽅式で行います。論文提出期限までに作成できるよう、随時、実験・調査の遂⾏状況や論文の執筆状況について確認します。
 卒業論文は論文作成までに多くの時間と労力を要します。論文作成のための時間と体力が必要です。そして何より目的意識をもって取り組むことが大切です。
学習の到達目標 最終的に「卒業論⽂」として論文を執筆し、成果発表することを目標とします。
研究目的を明確にして、⾃主的・計画的にものごとを遂⾏する「段取⼒」を習得すること。
「卒業論文」をとおして他者との相互⽀援ができるようになること。
授業計画 第1回 「卒業論文」で求められることについて
「卒業論文」作成のスケジュールについて
第2回 研究テーマの選定(レジュメ提出)
研究計画の⽴て⽅について
第3回 研究テーマの概要発表と討議(レジュメ提出)
第4回 研究テーマの絞り込みと討議(レジュメ提出)
第5回 研究テーマの詳細発表と討議(研究計画書提出)
第6回 研究テーマの絞り込みと発表(研究計画書提出)
題目届の書式について
第7回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
要因計画の確認
第8回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
分析⽅法の確認
第9回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
「卒業論⽂題目届」「研究計画」執筆
第10回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
「卒業論⽂題目届」「研究計画」推敲
実験・調査の準備
第11回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
「卒業論⽂題目届」「研究計画」推敲
実験・調査の準備
第12回 研究テーマの確定と研究計画発表(「題目届」様式で提出)
6⽉末「卒業論⽂題目届」「研究計画」提出<教学センター>
実験・調査の準備/開始(同意書の確認)
第13回 実験・調査開始
第14回 実験・調査の進捗状況発表
第15回 実験・調査の進捗状況発表
実験調査の遂⾏と論⽂執筆開始
【夏期休暇中】
⽂献リスト1回目提出、「⽅法」1回目提出、⽂献リスト2回目提出
第16回 実験・調査の進捗状況発表
「序論」1回目提出
第17回 実験・調査の進捗状況発表
「⽅法」2回目提出
第18回 実験・調査の進捗状況発表
「序論」2回目提出
第19回 実験・調査の進捗状況発表
データの分析(記述統計、グラフの作成)
第20回 実験・調査の進捗状況発表
データの分析(統計解析)
第21回 論文執筆
「結果」提出
第22回 論文執筆
「考察」1回目提出
第23回 論文執筆
「考察」2回目提出
第24回 論文執筆
「引⽤⽂献」「要約」提出、「口頭試問⽤レジュメ」作成
「題目確定届」提出
第25回 論文推敲
「口頭試問⽤レジュメ」作成
第26回 論文推敲
「⼝頭試問⽤レジュメ」推敲
第27回 「論文本体」「口頭試問⽤レジュメ」提出準備
引用文献、要約、目次等の作成
第28回 「論文本体」「口頭試問⽤レジュメ」提出<教学センター>
第29回 口頭試問⽤スライドの作成
第30回 口頭試問発表準備予⾏演習

【後期試験期間中】︓⼼理学教員全員による⼝頭試問(最終試験)
授業外学習の課題 卒業論⽂のテーマに関する⽂献を収集して、⽂献整理ワークシートで整理してください。
論⽂執筆にあたり、学⽣相互で論⽂チェック(書式や内容について)を⾏ってください。
必要な課題は、⼼理学専攻E-Learningシステム Shudo Moodle の「Research Meeting Room 」にて随時指⽰します。
授業時間外での学修時間の目安は発表の準備や課題の遂⾏を含め240時間程度
履修上の注意事項 論文題目の提出など期限付きで提出を求められることが多いので案内や掲⽰に注意してください。
論文作成指導、確認のために求められた資料や課題は期限内に指定どおり提出してください。
論文本体ならびに口頭試問⽤レジュメの作成と提出に関しては学修の⼿引きを参照してください。
【対面授業】有 【非対面授業】無
  <非対面授業に変更になった場合>
  同時双方向:有、オンデマンド:有、課題研究:有
成績評価の方法・基準 【期末試験】無
⼼理学教員全員による口頭試問(最終試験)を経た上で、主に研究内容の独⾃性および論⽂の内容について総合的に評価をおこないます。
テキスト 適宜必要な資料の紹介あるいは資料を配付します。
参考文献 ⽇本心理学会 (2015).「⼼理学研究 執筆・投稿の⼿びき」⽇本⼼理学会
主な関連科目 「心理学実習III-IV」「演習Ⅲ」「演習Ⅳ」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
「卒業論文」を進めるにあたり、必要に応じて質問・相談を受けつけます。
またメールやE-Learningシステムでも随時対応します。
「卒業論文」の書き方や内容に関する質問については、E-Learningシステム(Shudo Moodle)のResearch Meeting Room にてフィードバックします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2014~2016 4