授業コード 90110103 クラス 03
科目名 研究指導 単位数 4
担当者 仲村 靖 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代証券市場の動向
授業の概要 論文作成に必要なスキルと証券市場に関する基礎理論・知識を習得してもらうとともに,各自のテーマに沿った修士論文の完成を目指す。
学習の到達目標 現代証券市場の動向に関する修士論文の完成
授業計画 第1回 修士論文作成のスケジュールと注意事項の説明
第2回 研究計画書の報告と検討
第3回 研究計画の再考―問題意識の明確化
第4回 研究課題の背景に関する検討
第5回 文献収集の方法に関する指導
第6回 データ収集・活用に関する指導
第7回 先行研究のサーベイ報告
第8回 先行研究の成果に関する検討・確認
第9回 論文の独自性に関する検討
第10回 論文要旨の報告・検討
第11回 論文全体の展開に関する検討
第12回 章立ての報告とチェック
第13回 節・項目立ての報告とチェック
第14回 序論の報告
第15回 序論の検討・修正
第16回 本論第1章の報告
第17回 本論第1章の検討・修正
第18回 本論第2章の報告
第19回 本論第2章の検討・修正
第20回 本論第3章の報告
第21回 本論第3章の検討・修正
第22回 結論の報告
第23回 結論の検討・修正
第24回 論文全体の整合性の検討・チェック
第25回 校正指導―図表・データ
第26回 校正指導―注釈
第27回 校正指導―文章表現および統一性
第28回 要約と目次の作成指導
第29回 参考文献リストのチェック
第30回 最終報告・まとめ
授業外学習の課題 授業は報告に基づく討論により進められるので,予め指示された課題について事前に準備しておくこと。
履修上の注意事項 事前準備・授業での討論について真摯に取り組むこと。
成績評価の方法・基準 1年次は授業への取り組み(50%)、経過発表(50%)によって評価する。2年次は授業への取り組み(30%)、修士論文(70%)によって評価する。
テキスト 研究テーマに応じて選択する。
参考文献 片岡 信之・佐々木 恒男・高橋 由明・渡辺 峻・斉藤 毅憲(共編著)『経営・商学系大学院生のための論文作成ガイドブック』文眞堂,2004年。
その他,必要に応じてその都度指摘する。
主な関連科目 証券市場論研究Ⅰ・Ⅱおよび商学研究科開講の金融分野科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①まず、授業中に質問してください。
②授業中が難ければ、授業終了後に質問してください。
③これも難しい場合は、メール等でアポイントメントを取ってください。時間を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学研究科M商学専攻 2018~2019 1-2