授業コード 90110101 クラス 01
科目名 研究指導 単位数 4
担当者 澄川 真幸 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 修士論文の作成に向けて  Master thesis
授業の概要 修士論文の作成を指導の目的とします。院生の掲げる修士論文テーマに副って指導をします。院生作成のレジュメによる報告とそれに基づく議論という授業形式をとります。
学習の到達目標 論文の作成の仕方、学会報告の仕方、学会での議論の仕方を習得できます。
授業計画 第1回 院生との協議:修士論文のテーマ設定について
第2回 院生との協議:修士論文作成の大まかなスケジュールの設定について
第3回 修士論文に関係する文献・資料の検索と収集について個別指導
第4回 修士論文のテーマに関係する基軸文献の報告、基軸文献の輪読と質疑応答
第5回 基軸文献の輪読と質疑応答
第6回 基軸文献の輪読と質疑応答(前回指導の反省点を中心とした質疑応答)
第7回 基軸文献の輪読と質疑応答(前回指導の反省点を中心とした質疑応答)
第8回 基軸文献の輪読と質疑応答(前回の反省点を中心とした質疑応答)
第9回 基軸文献の輪読と質疑応答(前回の反省点を中心とした質疑応答)
第10回 基軸文献の輪読と質疑応答(これまでの質疑応答の総括)
第11回 基軸文献の周辺文献と資料の検索と収集についての個別指導
第12回 基軸文献の周辺文献についての報告と質疑応答
第13回 これまで取り上げてきたテーマについてのレポート作成指導
第14回 これまで取り上げてきたテーマについての総括報告と質疑応答
第15回 これまで取り上げてきたテーマについての総括報告と質疑応答、16回目以降の指導スケジュール調整
第16回 基軸文献の輪読と質疑応答(これまでの研究の総括報告)
第17回 基軸文献の輪読と質疑応答(総括報告を踏まえての研究展望)
第18回 基軸文献の輪読と質疑応答(研究展望から見えてきた研究について)
第19回 基軸文献の輪読と質疑応答(見えてきた研究展望の展開について)
第20回 基軸文献の輪読と質疑応答(研究展望の先にある文献調査について)
第21回 基軸文献の輪読と質疑応答(文献調査の結果報告)
第22回 基軸文献の輪読と質疑応答(更なる文献調査の展開)
第23回 基軸文献の輪読と質疑応答(この時点での総括報告)
第24回 基軸文献の輪読と質疑応答(テーマの精査報告)
第25回 これまで取り上げてきたテーマについてのレポート作成指導
第26回 これまで取り上げてきたテーマについてのレポート作成指導(前回指導の反省点を中心とした)
第27回 これまで取り上げてきたテーマについての総括報告と質疑応答
第28回 これまで取り上げてきたテーマについての総括報告と質疑応答(前回指導の反省点を中心とした)
第29回 総括報告に対する質疑応答
第30回 次年度の指導スケジュール調整
授業外学習の課題 ①報告論文についての綿密な予習・復習が必要です。
②修士論文テーマに関係する文献・資料の絶えざる検索・収集が必要です。
履修上の注意事項 粘り強く修士論文テーマを追いかける姿勢が必要です。
成績評価の方法・基準 修士1年次は日頃の活動内容で評価します。修士2年次は修士論文で評価します。
テキスト 修士論文テーマに副って決定します。
参考文献 その都度に指導します。
主な関連科目 流通とマーケティング関係の研究科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
研究指導の時間内はもちろん、オフィスアワー、さらにはメールにて対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学研究科M商学専攻 2018~2019 1-2