授業コード 41032009 クラス 09
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 森岡 一憲 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文の作成 Graduation Thesis
授業の概要 ゼミナールで学んだ知識をもとに、各自が選んだテーマに基づいた卒業論文を作成する。中間報告をしてもらい個別指導を行う。なお、卒業論文作成には組版ソフトLaTeXを使用する。
学習の到達目標 各自の設定したテーマに基づいて,資料収集,分析,論文の作成ができること。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 テーマの設定 1
第3回 テーマの設定 2
第4回 資料収集と論文構成 1
第5回 資料収集と論文構成 2
第6回 資料収集と論文構成 3
第7回 資料収集と論文構成 4
第8回 執筆論文の中間報告 1
第9回 執筆論文の中間報告 2
第10回 執筆論文の中間報告 3
第11回 執筆論文の中間報告 4
第12回 LaTeX の実習 1
第13回 LaTeX の実習 2
第14回 LaTeX の実習 3
第15回 前期のまとめ
第16回 イントロダクション
第17回 執筆論文の中間報告 5
第18回 執筆論文の中間報告 6
第19回 LaTeX の実習 4
第20回 LaTeX の実習 5
第21回 LaTeX の実習 6
第22回 執筆論文の中間報告 7
第23回 執筆論文の中間報告 8
第24回 執筆論文の中間報告 9
第25回 執筆論文の添削指導 1
第26回 執筆論文の添削指導 2
第27回 執筆論文の添削指導 3
第28回 執筆論文の添削指導 4
第29回 卒業論文の提出
第30回 後期のまとめ
授業外学習の課題 日頃から各自の卒業論文のテーマに関係する文献や資料を収集するよう心がけること。
履修上の注意事項 無断欠席は認められない。

成績評価の方法・基準 中間報告の内容および卒業論文の内容で評価する。
テキスト 奥村 晴彦・黒木 祐介(2017)『改訂第7版 LaTeX2e美文書作成入門』技術評論社
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 財政学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中と授業終了後に受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(D群) 2007~2016 4