授業コード 41024000 クラス
科目名 国際経済学Ⅱ 単位数 2
担当者 新宅 公志 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際金融論「International Finance」
授業の概要 国際経済学は主に国際貿易と国際金融の二つについて考察する経済学の一分野です。国際経済学Ⅱでは国際金融を扱います。とりわけ、「会計」、「資本移動」、「リスクマネジメント」、「為替レート」の4つの視点からアプローチします。本講義の目的は、国際金融についての一般常識を身に付け、アカデミックな観点からその世間知との距離のとり方を身につけることです。
学習の到達目標 以下のことを目標とします。
1.国際経済問題について、体系的な方法で定性的にも定量的にも理解できるようにする。
2.日本経済新聞や経済雑誌の記事を国際経済学の観点から読み解けられるようにする。
3.公務員試験などの各種試験の国際経済パートの問題が解けられるようにする。
授業計画 第1回 講義の概要/国際金融の利益とリスク
第2回 【会計.1】国民経済計算(ストック編)と国際収支から見る対外的なキャピタルゲイン
第3回 【会計.2】インターバンク市場(為替取引と短期金融)
第4回 【会計.3】金融危機(銀行危機、通貨危機、国家債務危機)
第5回 【会計.4】中央銀行による為替介入、国際金融のトリレンマと通貨制度
第6回 【資本移動.1】長期の経常収支の決定モデル(開放経済の貸付資金説)
第7回 【資本移動.2】短期の経常収支の決定モデル(開放経済の45度線分析)
第8回 【資本移動.3】いくつかのパズル / 中間試験
第9回 【リスクマネジメント.1】デリバティブ取引
第10回 【リスクマネジメント.2】ポートフォリオ
第11回 【為替レート.1】準備:利回りを説明するいくつかのモデル
第12回 【為替レート.2】長期モデル:実質為替レートと購買力平価説
第13回 【為替レート.3】短期モデル:金利平価説と金融政策
第14回 【為替レート.4】中期モデル:実質為替レートの決定モデル
第15回 まとめ
授業外学習の課題 講義で扱った練習問題を中心に配布したプリントを復習して下さい。
履修上の注意事項 ・マクロ経済学の知識を使いますので、マクロ経済学Ⅰ・Ⅱを履修するようにして下さい。
・また金融論Ⅰ・Ⅱの知識があるとより理解しやすいでしょう。
成績評価の方法・基準 以下の割合で評価します。
受講態度:20%、中間試験:35%、期末試験:45%
テキスト 特定のテキストは用いず、毎回講義資料を配布します。
参考文献 橋本優子,小川英治 熊本 方雄、2007、『国際金融論をつかむ』有斐閣。

P.R.クルーグマン他(山形浩生他訳)2017、『クルーグマン国際経済学 理論と政策(原書第10版)下・金融編』、丸善出版。
主な関連科目 経済分析入門I・II、国際経済学Ⅰ、マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ、金融論Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
基本的に講義の前後に質問等を受け付けます。それ以外の時間では、事前にE-mailで連絡の上、予約を取るようにして下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
商学部商学科(C2群) FCBS33209 2017~2017 3・4
経済科学部現代経済学科(B群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(B群) FECE20204 2017~2018 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2011~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) FEEI20804 2017~2018 2・3・4
法学部法律学科 2007~2010 3・4
法学部法律学科 2012~2016 3・4
法学部法律学科 FLIP30311 2017~2017 3・4
法学部国際政治学科(C群) 2011~2016 3・4
法学部国際政治学科(C群) FLIP30304 2017~2017 3・4