授業コード 40006307 クラス 07
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 都築 寛 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 プログラミング Programming
授業の概要 プログラミング言語の一つの「Java言語」を扱う。
特に"ゼミナールⅢ"では、Java言語における発展的・実用的な各種概念の導入およびそれらの使い方を実践的に学習し、目的の実行内容をそれらを用いて表現できる更なる推敲力・実力を身に着ける。
なお、ゼミナールⅡまでの進捗および本ゼミナールの進捗状況や受講学生との相談に応じて内容や進行速度は逐一変更・調整する。
学習の到達目標 Java言語における各種発展的概念を習得し、プログラムの作成能力が更に向上する。
授業計画 第1回 ゼミナールⅡまでの復習
第2回 プログラミングの発展的演習(1)
第3回 プログラミングの発展的演習(2)
第4回 プログラミングの発展的演習(3)
第5回 プログラミングの発展的演習(4)
第6回 プログラミングの発展的演習(5)
第7回 プログラミングの発展的演習(6)
第8回 第7回までのまとめ
第9回 プログラミングの発展的演習(7)
第10回 プログラミングの発展的演習(8)
第11回 プログラミングの発展的演習(9)
第12回 プログラミングの発展的演習(10)
第13回 プログラミングの発展的演習(11)
第14回 プログラミングの発展的演習(12)
第15回 第14回までのまとめ
授業外学習の課題 理解できなかった個所はしっかり復習しておくこと(意味を理解するだけではなく実際的に使えるようになっておくこと)。
履修上の注意事項 ゼミナール中は、与えられた課題をこなすだけではなく、自ら課題を見つけるつもりで臨むこと。

成績評価の方法・基準 ゼミナール中の課題とそれに対する取組みの姿勢等を総合的に評価する。
テキスト 必要に応じて適宜指定する。
参考文献 必要に応じて適宜指定する。
主な関連科目 ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ、ゼミナールⅣ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゼミナール中に随時受け付ける。ゼミナール外の場合もメール等で適宜対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2011~2016 4