授業コード 40004212 クラス 12
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 塗師本 彩 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 計量経済学を用いた実証分析 II(Econometrics for Empirical Analysis II)
授業の概要 このゼミナールでは、計量経済学の手法を用いてデータ分析ができるようになることを目標とします。計量経済学は関心のある物事の因果関係を考える学問です。例えば、「労働時間が長くなると健康状態が悪化するのか」、「不況になると犯罪が増えるのか」といった様々な問いに対してデータを用いて答えられるようになることを目指します。
 ゼミナールIIでは、ゼミナールIの内容を踏まえて、より実践的に実証分析を学びます。各自またはグループで、テーマの設定から始まり、テーマに関連するデータ探し、分析・解釈を行います。適宜、受講生の皆さんの前でプレゼンテーションを行ってもらいます。
学習の到達目標 ・自分で検証する仮説を立てることができる
・簡単な計量分析ができる
・計量分析の結果をまとめて人に伝えることができる
授業計画 第1回 はじめに
第2回 グループ分け・テーマの設定
第3回 Stataによる計量分析を学ぶ①
第4回 Stataによる計量分析を学ぶ②
第5回 グループごとにデータ収集と記述統計の確認
第6回 第一回中間報告
第7回 各自のテーマに関連する文章を書く①
第8回 グループごとに計量分析を行う①
第9回 グループごとに計量分析を行う②
第10回 第二回中間報告
第11回 各自のテーマに関連する文章を書く②
第12回 グループごとに分析を洗練させる①
第13回 グループごとに分析を洗練させる②
第14回 グループごとに最終報告①
第15回 グループごとに最終報告②
授業外学習の課題 ・授業外でも報告準備を行うことが求められる
履修上の注意事項 ・受講者の理解度や進捗状況により授業計画を変更することがある
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(40%)および報告内容(60%)を目安に総合的に判断する
テキスト 特になし
参考文献 ・田中隆一『計量経済学の第一歩:実証分析のススメ』有斐閣
・山本拓・竹内明香『入門計量経済学:Excelによる実証分析へのガイド』新世社
・森田果『実証分析入門:データから「因果関係」を読み解く作法』日本評論社
その他、適宜授業内で紹介します
主な関連科目 確率・統計入門/経済数学入門I・II/経済統計学I・II/計量経済学II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回の講義中や講義後に質問・相談の時間を設ける

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(D群) 2007~2016 3・4
経済科学部現代経済学科(D群) FECE30403 2017~2017 3・4