授業コード 20041702 クラス 02
科目名 Media English Ⅱ 単位数 2
担当者 築道 和明 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 メディア英語II(Medua English II)
授業の概要 メデイア英語の中から,TVニュースと新聞記事を取り上げて,メディア英語を聴いたり,読む力を養成します。ニュースや新聞記事の概要や要点を理解した上で,取り扱われているトピックに関連して,自分の考え・意見をまとまった英文で表現したり,書くことも行います。最終的には,身近なキャンパスライフに関するニュースを各自が発掘し,ニュース記事としてまとめ,オリジナル記事として編集します。
学習の到達目標 全体的な英語運用能力の向上が目標ですが、特にニュースに使われている英語がよりよく理解できるようになることが期待できます。TOEIC 500点を到達目標とします。
授業計画 第1回 イントロダクション メデイア英語への誘い
第2回 記憶を呼び覚ます音楽の力
第3回 新聞記事の読解 国内の社会面の記事
第4回 仕立て直した古着でホームレスを支援する十代の若者
第5回 新聞記事の読解 国内の政治記事
第6回 思いがけない再会にみるクリスマスの本当の意味
第7回 新聞記事の読解 国内のスポーツ記事
第8回 世界に広がる人生を変える片付けの極意
第9回 新聞記事の読解 海外の社会面の記事
第10回 高校生が考案した昼食時のいじめをなくすアプリ
第11回 新聞記事の読解 海外のスポーツ記事
第12回 人口減の日本を支援する人型ロボットの開発
第13回 オリジナルニュースの構想と執筆・編集
第14回 オリジナルニュースのプレゼンテーション
第15回 まとめと振り返り
授業外学習の課題 授業で扱う各テーマについてのライティング課題を課します。また,授業外でニュース音声を視聴した回数を記録し,提出を求めます。毎回1時間程度の授業外学習が必要です。
履修上の注意事項 毎時間、授業の最初に小テストがあります。また、授業中に課題をやって提出していただきます。授業開始時刻を30分以上過ぎて教室に入ってきた人は、遅刻でなく欠席扱いになりますから注意してください。
また、いかなる理由があっても欠席は4回までとする。
(病気、交通機関の乱れ、冠婚葬祭等、一切の事情を含める。)

【この科目は、グローバルコース対象科目(2014年度以降生)にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 期末試験50%、小テスト20&、授業中の課題30%
テキスト 熊井信弘他, CBS NewsBreak 4 ,成美堂, 修大生協
参考文献 講義中に適宜紹介します。
主な関連科目 時事英語I,II, 時事英語III,IV
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、原則として授業終了時に受け付けます。長引くようであれば、昼の休憩時間等を使うことも可能です。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) FHHS20205 2017~2019 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科教育学専攻(人文学部総合科目) 2011~2015 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) 2016~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) FHED20104 2017~2019 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(人文学部) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(人文学部総合科目) FHEN20005 2017~2019 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
法学部国際政治学科(H群) 2011~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(H群) FLIP20819 2017~2017 2・3・4