授業コード 20021500 クラス
科目名 メディア論Ⅱ 単位数 2
担当者 竹原 進一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 デジタル時代のメディア
授業の概要  インターネットが登場し約30年。新聞やテレビ、ラジオ、出版といった「マスメディア4媒体」のあり方やビジネスモデルを揺るがすだけでなく、政治や経済、暮らしなどあらゆる局面に影響を及ぼしています。
 メディア論Iでは、メディアの源流を太古までさかのぼり、文字の発明、人間の知覚の拡張、産業革命と資本主義社会、戦争との関係など歴史を振り返りながら新聞、テレビ、ラジオを中心に「メディアとは何か」を考えました。
 メディア論IIでは、インターネットが社会のインフラとなったデジタル時代を前提に、巨大プラットフォームやSNSの功罪、データ駆動社会、AIの進化などとのメディアの関係を探りながら「情報の本質」を捉えるリテラシーを養います。。
 地元の中国新聞社で37年余、編集記者を中心にインターネットメディア開発やCATV局、FMラジオ局、広告企画など幅広く担当しました。その経験を生かし大きく変化しているメディアについて多角的な視点から考察を深めたいと考えています。
学習の到達目標 デジタル化で激変するメディアの特性を知り、メディアリテラシーを身に着ける
授業計画 第1回 ①デジタル時代のメディアーオリエンテーション
第2回 ②つながる個人、つながる世界
第3回 ③プラットフォーマー支配「GAFA」ーGoogle
第4回 ④GAFAの世界ーAmazon
第5回 ⑤GAFAの世界ーFacebook
第6回 ⑥GAFAの世界ーApple
第7回 ⑦GAFA以後のメディア
第8回 ⑧映像の時代ーYoutube
第9回 ⑨映像ビジネス群雄割拠
第10回 ⑩AIの進化とメディア
第11回 ⑪フェイクニュースとたたかう
第12回 ⑫ネットいじめ対策
第13回 ⑬デジタルプライバシーー個人情報
第14回 ⑭データ階層社会とメディア
第15回 ⑮まとめーメディアの将来像を考える
授業外学習の課題 新聞、テレビ、ネット(SNS)など、さまざまな媒体に意識的に普段から接して、発信される情報違いや機能について考えてください。
履修上の注意事項 私語、スマホは厳禁。
成績評価の方法・基準 期末試験70%、受講態度30%(出席カードの記述を含む)を目安に総合的に評価する。
テキスト 「あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠」( キャシー・オニール 著、インターシフト)
毎回プリント教材も配布。
参考文献 「ネットメディア覇権戦争」(藤代裕之著、光文社)、「the four GAFA」(スコット・ギャロウェイ、東洋経済)「ネットは新聞を殺すのか」(湯川鶴章著、NTT出版)、「新聞勉強術」(池上彰著、ダイヤモンド社)
主な関連科目 メディア論Ⅰ、メディア論特殊演習、ジャーナリズム論特殊演習
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
出席カード、メール、授業が終わった後のいずれでも対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他学科及び他専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(社会学専門科目) FHHS23102 2017~2019 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) FHED15114 2017~2019 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(関連科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(関連科目) FHEN21101 2017~2019 1・2・3・4