授業コード 11063003 クラス 03
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 金 徳謙 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 観光調査法 Research Method for Tourism Business
授業の概要 観光主体である観光者の行動は地域を変える力をもっています。観光ビジネスを成功させるため、観光主体の「行動」および観光ビジネスが行われる「場所」を正しく理解することは欠かせません。そこで授業では、観光者および観光地を中心とする地域を正しく理解し、分析するための手法を基礎から学びます。
具体的には、デジタルマップを用いるGISによる調査手法の基本的な考え方や使い方を習得します。そのうえ、グループ別に調査を行い、GIS分析の結果をプレゼンします。授業では、観光ビジネスに必要な専門知識について実践的に学び、理解を深めます。
学習の到達目標 観光と観光ビジネスを正しく理解するため、基本知識を習得する。
観光ビジネスを調査分析するため、観光者の行動や観光地を中心とする地域を定量的に捉える手法を習得する。
授業計画 第1回 ガイダンス・GISソフトのインストール
第2回 観光・観光学・観光ビジネスと調査法
第3回 報告書の基本:調査とまとめ方
第4回 デジタルマップの基礎:2次元対3次元
第5回 データの集め方と加工1:民間(企業)のデータ
第6回 データの集め方と加工2:政府や公共機関提供のデータ
第7回 GISによるデータ分析と表現1:ポイントデータ
第8回 GISによるデータ分析と表現2:ラインデータ
第9回 GISによるデータ分析と表現3:ポリゴンデータ
第10回 グループワーク1:テーマの設定
第11回 グループワーク2:データ収集
第12回 グループワーク3:分析
第13回 グループワーク4:まとめおよび発表の準備
第14回 グループ発表および意見交換
第15回 意見交換および総括まとめ
授業外学習の課題 観光ビジネスは、身近な観光事象を観察することから始まります。普段から観光事象に対して「なぜ、どうすれば」の視点から観察することを心がけてください。
履修上の注意事項 ・ノートパソコンを毎回持参すること(90分間、電源なし(バッテリーだけ)で使えるものに限る)。
・GISの習得は、「理解」と「慣れ」が基本です。学んだことを繰り返し練習してください。
・全回、遅刻・無断欠席は認めません。欠席すると、内容が理解できなくなり、ついていけなくなります。
・フィールドワーク(土曜・日曜に実施、終日所要、事前に予定を周知します)に必ず参加することが履修の条件です。
成績評価の方法・基準 ・ゼミへの取り組み(50%)、課題やグループ発表など(50%)。
・欠席は減点します。5回以上欠席した場合は評価の対象としません。なお、遅刻2回で欠席1回とみなします。
テキスト 金徳謙著『観光地域調査法』(美巧社)2,500円(税別)ISBN 978-4-86387-075-8

※必ず入手して下さい。テキストがないと、マニュアルなしでパソコン作業をすることになるため、
 授業に全くついていけなくなります。また、操作法の復習ができなくなります。
※教材は学内生協の本屋で取り扱っています。
参考文献 QGISの解説書各種
主な関連科目 地理情報システム論1・2、観光論、B群特講(理論と実践の観光学)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
理解できないままでは、つぎの作業ができません。授業中に積極的に質問、発言をしてください。その他、研究室訪問も歓迎します。訪問前にメール等で在室を確認してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2011~2016 2・3・4
商学部商学科(F群) FCBS26011 2017~2019 2・3・4