授業コード 81110400 クラス
科目名 知的障害者の心理・生理・病理 単位数 2
担当者 平田 香奈子 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 知的障害のある人たちの心理・生理・病理の概説
授業の概要 知的障害の発達を理解するうえで、まず定型発達における発達プロセスを概観する。そのうえで、知的障害の害編と診断基準、発達検査について学ぶ。また、知的障害者の心理・行動特性や、知的障害を伴うことの多い疾患とその要因等について概説する。
学習の到達目標 1.知的障害の概念、診断基準について理解する
2.知的障害の心理・行動特性を知る
3.知的障害を伴うことが多い疾患について理解する
授業計画 第1回 子どもの発達~乳幼児の発達
第2回 子どもの発達~学齢期の発達
第3回 知的障害とは何か
第4回 知的障害の診断と発達検査~K-ABC、KIDS、DENVERⅡ
第5回 知的障害の診断と発達検査~WISK-Ⅳ、田中ビネー、単元テスト
第6回 特別支援教育で遭遇する知的障害者の疾患と病理
第7回 発生と障害① 脳や器官の障害と病理
第8回 発生と障害② 染色体異常、先天性代謝異常の病理
第9回 知的障害者の症候と心理
第10回 脳の再生
第11回 知的産障害のある人の行動特性①
第12回 知的障害のある人の行動特性②
第13回 知的障害を伴うことの多い疾患と支援①
第14回 知的障害を伴うことの多い疾患と支援②
第15回 知的障害を伴うことの多い疾患と支援③
授業外学習の課題 関連する文献等を積極的に読み、テーマへの関心を高めること。また、関連科目との学習内容を意識して関連付けること。
履修上の注意事項 実践を多く含む演習形式の授業であるため、ディスカッションや振り返りなど、一人一人が主体的に参加し、学ぶことを求めます。
成績評価の方法・基準 小テスト40%、タームペーパー30%、単元テスト30%
テキスト 特に指定しない。適宜資料を配布する。
参考文献
主な関連科目 知的障害教育学
知的障害指導法
肢体不自由の心理・生理・病理
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
教員の研究室在室時は、いつでも質問等を受け付ける。また、非常勤講師の担当する時間については、適宜専任教員を通じて質問等を行えるようにする。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
商学部経営学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
人文学部教育学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
人文学部英語英文学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
法学部法律学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2016~2017 2・3・4
健康科学部心理学科(資格関連科目) 2017~2017 2・3・4
健康科学部健康栄養学科(資格関連科目) 2017~2017 2・3・4