公開用ファイル(授業概要)
授業コード 41023500 クラス
科目名 国際経済学Ⅰ 単位数 2
担当者 新宅 公志 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際経済学の基本「An introduction to international economics」
授業の概要 国際経済学は主に国際貿易と国際金融の二つについて考察する経済学の一分野です。
国際経済学Ⅰでは、両者に共通する基本的な性質を学ぶことで、それぞれを今後より深く理解していくうえでの基礎を身に付けます。
学習の到達目標 以下のことを目標とします。
1.国際経済問題について、体系的に理解するための足掛かりを構築する。
2.日本経済新聞や経済雑誌の記事を国際経済学の観点から読み解けられるようにする。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 グローバリゼーションとは
第3回 貿易の利益.1:交換の利益
第4回 貿易の利益.2:生産資源の効率的利用による利益
第5回 貿易障壁
第6回 裁定原理
第7回 貿易依存度
第8回 中間試験と解説
第9回 財市場のグローバル化
第10回 金融市場のグローバル化
第11回 労働市場のグローバル化
第12回 知的財産権市場のグローバル化
第13回 国際経済と国内政治
第14回 国際経済と国際政治
第15回 まとめ
授業外学習の課題 講義で扱った練習問題を中心に配布したプリントを復習して下さい。
履修上の注意事項 経済分析入門Ⅰ・Ⅱを履修するようにして下さい。

【この科目は、グローバルコース対象科目(2014年度以降生)にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 受講態度、中間試験、期末試験より総合的に評価します。
テキスト 特定のテキストは用いず、毎回講義資料を配布します。
参考文献 伊藤元重、2005、『ゼミナール国際経済入門(改訂第3版)』、日本経済新聞出版社。
石川城太・菊地徹・椋寛、2013、『国際経済学をつかむ(第2版)』、有斐閣。
橋本優子,小川英治 熊本 方雄、2007『国際金融論をつかむ』、有斐閣。
主な関連科目 国際経済学Ⅱ、経済分析入門Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
基本的に講義の前後に質問等を受け付けます。それ以外の時間では、事前にE-mailで連絡の上、予約を取るようにして下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(B群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(B群) FECE20203 2017~2017 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) FEEI20803 2017~2017 2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 3・4
法学部国際政治学科(C群) 2007~2016 3・4