授業コード 20074400 クラス
科目名 保育実習Ⅰ(施設) 単位数 2
担当者 三木 由美子 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 保育実習(施設)観察・参加
授業の概要 保育実習は、教科全体の学習内容を基礎とし、それらを総合的に実践する応用能力を養うため、利用児・者の方に対しての実際の働きかけを通じ、保育の理論と実践との関係について習熟することを目的としています。さらに、諸学科で学んだ理論が、実践の場でいかに具体化され、総合されるかを知り、さらに新しい学習目標を見出す契機とします。
学習の到達目標 ①保育所以外の児童福祉施設の内容、機能について理解する。
②児童福祉施設における集団としての児童及び個人としての児童について理解する。
③保育士の職務内容及び役割、または他の職員とのチームワークなどを実習生自身が補助的な立場に立つことにより、体験的に把握する。
授業計画 第1回 観察・参加実習
第2回 観察・参加実習
第3回 観察・参加実習
第4回 観察・参加実習
第5回 観察・参加実習
第6回 観察・参加実習
第7回 観察・参加実習
第8回 観察・参加実習
第9回 観察・参加実習
第10回 観察・参加実習
第11回 観察・参加実習
第12回 観察・参加実習
第13回 観察・参加実習
第14回 観察・参加実習
第15回 観察・参加実習
授業外学習の課題 学習の自己課題や実習施設から指定された事前学習の内容を各自で把握し、計画的に取り組みながら実習までの準備を行ってください。
履修上の注意事項 実習要件を満たした者のみが履修することが出来ます。事前学習が不十分であると判断された場合は、実習に参加できないこともあります。
成績評価の方法・基準 実習施設からの実習評価(50%)、実習日誌(50%)
テキスト 施設実習の手引き 溪水社
参考文献 保育所保育指針 厚生労働省
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
研究室在室時に対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部教育学科(教職専門科目群) 2016~2016 3・4