授業コード 20055302 クラス 02
科目名 人間形成演習 単位数 2
担当者 三木 由美子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 障害を有する者に対応するために必要となる柔軟な思考・態度・工夫について考える
授業の概要 障害を有する者に対する配慮は、適切かつ効率的であることが重要となる。ただし、まず、その配慮が本当に必要かどうかをしっかりと考える必要がある。このような視点から、特別な支援に関する論文、書籍、資料等を購読し、支援方法の分析および検討を行うことを通して、インクルーシブ教育の推進に対する現状や課題を踏まえながら、自身の考えを深めていく。
学習の到達目標 ・論文、書籍、資料等を読み、内容を理解することができる。
・理解した内容をまとめて資料を作成することができる。
・新たな課題や自分の考えを含め、口頭で発表することができる。
・他者の考えを受け入れた上で積極的なディスカッションを行うことができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 資料の検索について
論文の読み方とまとめ方について
第3回 担当者による発表と討議①
第4回 担当者による発表と討議②
第5回 担当者による発表と討議③
第6回 担当者による発表と討議④
第7回 担当者による発表と討議⑤
第8回 前半の振り返りと課題の発見
第9回 担当者による発表と討議⑥
第10回 担当者による発表と討議⑦
第11回 担当者による発表と討議⑧
第12回 担当者による発表と討議⑨
第13回 担当者による発表と討議⑩
第14回 担当者による発表と討議⑪
第15回 後半の振り返りと全体のまとめ
授業外学習の課題 文献・書籍等の資料の検索を各自でも行ってください。
文献等の講読や発表資料の作成をしっかりと行ってください。
履修上の注意事項 発表の準備等については主体的に取り組み、討議においては積極的に参加して下さい。
成績評価の方法・基準 発表内容と資料(30%)、質疑応答(30%)、討議への参加態度(40%)
テキスト 適宜資料を配布します。
参考文献 授業内で紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了時、または、研究室在室時に対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 2・3・4