授業コード 81112302 クラス 02
科目名 初等教育(算数) 単位数 2
担当者 木村 惠子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 初等教育(算数)
授業の概要 本授業では、小学校算数科の指導内容である4領域「数と計算」「量と測定」「図形」「数量関係」において、児童の数理認識を育てる上で教師として必要となる数学的背景、数学的知識・技能、数学的な考え方についての理解を深めるとともに、受講生自身の数学的な思考力・判断力・表現力を高める。
学習の到達目標 小学校算数科の指導内容にかかわる一般的包括的な理解を深めるとともに、教員として必要な数学的資質を高める。
授業計画 第1回 第1回目:小学校算数科の指導内容にかかわる一般的包括的な理解を深めるための学習方法、及び教員として必要な数学的資質とは何かを知る。
第2回 第2回目:数と計算①:数表記の歴史を概観することを通して、十進位取り記数法のよさについての理解を深める。
第3回 第3回目:数と計算②:n進位取り記数法についての理解を深め、四則計算ができるようになる。
第4回 第4回目:数と計算③:倍数判定法を事例として、合同式についての理解を深める。
第5回 第5回目:量と測定①:基本図形の面積についての理解を深める。
第6回 第6回目:量と測定②:図形の面積について探究し理解を深める。
第7回 第7回目:量と測定③:立体図形の体積についての理解を深める。
第8回 第8回目:図形①:平面図形の性質についての理解を深める
第9回 第9回目:図形②:定規とコンパスによる平面図形の作図をとおして、敷き詰め模様の数理について探究する。
第10回 第10回目:図形③:立体図形の展開図の作成をとおして、図形の動的な見方についての理解を深める。
第11回 第11回目:数量関係①:様々な現象のなかに見いだすことのできる関数関係についての理解を深める。
第12回 第12回目:数量関係②:確率についての基礎的内容についての理解を深める。
第13回 第13回目:数量関係③:統計的なものの見方・考え方についての理解を深める。
第14回 第14回目:数学的な考え方・数学的推論:数学的な考え方、特に、一般化の考えについての理解を深める。
第15回 第15回目:数学的な考え方・数学的推論:数学的推論(類推、帰納、演繹)についての理解を深める。
授業外学習の課題 授業後は、授業で扱った内容について復習し理解を深めること。
履修上の注意事項 「初等教育(算数)」用のノートを準備し授業内容を記録できるようにする。授業ノートはレポートとして提出する。
成績評価の方法・基準 レポート(20%)、試験(70%)、授業への参加態度(10%)を総合的に評価する。
テキスト 授業において資料を適宜配布する。
参考文献 必要に応じて授業において指示する。
主な関連科目 「算数科教育法」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は毎時間毎のレポートにより随時受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部教育学科(資格関連科目) 2016~2017 1・2・3・4