授業コード 81107102 クラス 02
科目名 教職実践演習(小) 単位数 2
担当者 西森 章子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 教職実践演習
授業の概要 この授業は、教員免許法で定められた教員免許取得の必修科目である。
 まず第1ステージでは、これまでの学びや体験を記録したポートフォリオ(教育実習録など)を振り返って、まず各自の体験を報告して全員で課題の共有を目指す。発表はレジメとパワーポイントを用いて分かりやすい発表にすること。時間は1人10分とし、土曜日(9:00~16:00)に集中的に行う。
 第2ステージでは、現在の小学校における教育課題からいくつかのテーマを選定して、指導教員による講義、KJ法をつかってグループ学習を行う。また、広島県および広島市教育委員会の指導主事を招いて、広島県と広島市の教育の現状について講演を聴いて認識を深める。その後、グループ討論を中心にした学習によって理解を深め、グループ間のパネルディスカッション形式で行う。これによって小学校教育に関わるいくつかの課題に関する認識を深めて、小学校教員としての自覚と資質の定着を図る。
 12月は卒論作成のために多忙になると考えられるので、11月下旬には終了する予定である。詳細な日程については、第1回のガイダンスで発表する。
学習の到達目標 これまでに学内で学習してきたことや学外で体験してきたことを振り返ることによって、小学校教員になるための自己の課題を自覚し、その課題解決を通して、教員としての資質・能力の一層の向上をはかる。
授業計画 第1回 第1回:ポートフォリオに基づいて「私の課題」の発表資料を作る(その1)
第2回 第2回:発表「私の課題(その1)
第3回 第3回:発表「私の課題」(その2)
第4回 第4回:発表「私の課題」(その3)
第5回 第5回:発表「私の課題」(その4)
第6回 第6回:問題解決に向けて(教員による講義とアドバイス)(その1)
第7回 第7回:課題解決に向けて(教員による講義とアドバイス)(その2)
第8回 第8回:課題解決に向けて(広島県教育委員会の講話)
第9回 第9回:課題解決に向けて(広島市教育委員会の講話)
第10回 第10回:課題解決に向けて「KJ法による課題解決・発表資料作り」
第11回 第11回:発表「教師としての私の課題解決」(その1)
第12回 第12回:発表「教師としての私の課題解決」(その2)
第13回 第13回:発表「教師としての私の課題解決」(その3)
第14回 第14回:発表「教師としての私の課題解決」(その4)
第15回 第15回:まとめ
授業外学習の課題 ①ポートフォリオによる学習内容の振り返りと各自の課題の発見
②教育に関する情報収集(新聞・テレビ等)
履修上の注意事項 ①作成したポートフォリオによって、これまでの教育体験を各自で振り返っておくこと。
②正規の授業時間とは別に土曜日を使った集中授業が2回(合計8時間)ある(第3~5回、第11~14回)ので、その日は必ず出席できるように計画を立てておくこと)。そのため、授業は12月初旬には終了する予定である。
③広島県教育委員会と広島市教育委員会による講演を予定しているが、この授業も授業時間割に示されている曜日とは異なる日になる。
④最終的な授業計画は、第1回のガイダンスで発表する。
成績評価の方法・基準 授業への取り組みの姿勢と発表およびレジメの完成度を考慮して評価する。
テキスト なし
参考文献 なし
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 4