授業コード 81107051 クラス 51
科目名 中等教育実習Ⅱ 単位数 2
担当者 笹尾 省二 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 授業実習を中心とした教育実習
授業の概要  現在の中学校、高等学校教員には、まず教科の授業を担当する能力が求められるのはもちろんであるが、それにとどまらず、生徒指導や学校の管理・運営など、多方面にわたる職務を担当する能力が必要とされる。
 教育実習は、教員免許状取得のための課程の最終段階として、学校の教育活動を教員の立場から実体験することにより、そういった能力の獲得をめざすものである。
 具体的には、実習校において、生徒の学校生活、指導教諭による授業実践や生活指導その他の諸活動、さらには、学校管理・運営等について観察を行い、それらの実態・意味などについての理解を進める。また、指導教諭のもと、教材準備、学級運営、生徒指導等の補助にあたり、実際に体験し、その後、これらの体験で得られた理解をもとに、実際の授業実践を行う。
学習の到達目標 現実の教育現場で通用する、教員として求められる能力を習得すること
授業計画 第1回 授業実習を中心とした実習①
第2回 授業実習を中心とした実習②
第3回 授業実習を中心とした実習③
第4回 授業実習を中心とした実習④
第5回 授業実習を中心とした実習⑤
第6回 授業実習を中心とした実習⑥
第7回 授業実習を中心とした実習⑦
第8回 授業実習を中心とした実習⑧
第9回 授業実習を中心とした実習⑨
第10回 授業実習を中心とした実習⑩
第11回 授業実習を中心とした実習⑪
第12回 授業実習を中心とした実習⑫
第13回 授業実習を中心とした実習⑬
第14回 授業実習を中心とした実習⑭
第15回 授業実習を中心とした実習⑮
授業外学習の課題 できるだけ早い段階で、実習校と連絡をとり、担当学年、担当分野などの具体的な実習内容についての情報を得、それについての十分な準備を進めること。
履修上の注意事項 詳細については、実習校の指示にしたがうこと。
実習生とは、生徒たちにとっては教師である。その自覚をもって参加してほしい。
成績評価の方法・基準 実習校における指導教諭の評価を参考として、実習日誌等をもって総合的に評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 事前指導において、紹介する。
主な関連科目 中等教育実習Ⅰ、教育実習事前事後指導
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時、研究室で受けつける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2011~2015 4
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2011~2015 4
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2011~2015 4
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 4
法学部法律学科(資格関連科目) 2011~2015 4
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2011~2015 4
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2011~2015 4