授業コード 81106603 クラス 03
科目名 中等教育実習事前事後指導 単位数 1
担当者 河内 満 他 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 教育実習の事前指導と事後指導 Guidance of Teaching Practice
授業の概要 教育実習にむけて、教師として必要とされる知識・技術等の高揚に努めるとともに、教職実習の意義・心構えを更に深める。
また、教育実習後については、教師の仕事に実際にふれた体験をとおして教師とはいかにあるべきか等の実習報告と議論を行う。
学習の到達目標 教育実習に向う事前準備、教育実習を行った反省をとおして、教師として役割と使命感を身に付ける。
授業計画 第1回 事前指導
事前指導として3年次に協力校における観察実習指導を行う。(詳細については、商業科教育法Ⅱの授業時に指示する。)
第2回 直前指導1
 教職員の職務についての心構え
第3回 直前指導2
 教育実習についての心構え
第4回 直前指導3
 教材研究について1
第5回 直前指導4
 教材研究について2
第6回 直前指導5
 学習指導案の作成法
第7回 事後指導1
 教育実習の反省点について
第8回 事後指導2
教育実習のまとめ
第9回 .
第10回 .
第11回 .
第12回 .
第13回 .
第14回 .
第15回 .
授業外学習の課題 事前指導
教育実習に向けて、担当教諭との事前ミーティングによる事前準備、特に学習指導案の原案を作成しておくこと。
事後指導
教育実習録の整理、教育実習で学んだところ、反省点について整理しておく。
履修上の注意事項 教育実習の参加要件を満たすことが第1条件である。
また、教育実習参加希望者は、教育実習の前年11月頃に行う観察実習(商業高校における授業見学)に参加しておくこと。
教育実習期間中は学生ではなく教師そのものであることを自覚すること。
成績評価の方法・基準 教育実習に向かう事前準備状況40%、学習指導案の作成10%、教育実習録の記述40%、事後のまとめ10%、を目安として総合的に評価する。
テキスト 教育実習録
参考文献 適宜指示する。
主な関連科目 教職関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
教育実習生は、実際に教壇に立つ。少しでも、疑問なこと・不安なことについては、事前・教育実習中を問わず、すぐに連絡をとること。すぐに対応するので、自分一人で判断しないこと。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2015 3・4
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2015 3・4
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2015 3・4