授業コード 81106400 クラス
科目名 中等教育相談 単位数 2
担当者 吉本 美穂 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 教育相談 Educational Counceling
授業の概要  教員を目指すうえで必要な教育相談全般について,次の3点を中心とする基礎的な知識とそれを基盤とする教育相談としてのかかわりのセンスを習得することを目指します。
 ①教育相談の意義
 ②カウンセリングの理論と技法の習得
 ③教育相談における諸問題
学習の到達目標  生徒を理解するための基礎的な知識とそれに基づく対応の視点を習得し,教育相談としてのかかわりをイメージできるようになることを目標とします。
授業計画 第1回  教育相談の意義
第2回  生徒の理解① 心の発達的視点
第3回  生徒の理解② 思春期心性
第4回  生徒の家族と教師との関係
第5回  学校内資源と教師との関係
第6回  教員と他の専門家との関係
第7回  心理アセスメント技法
第8回  カウンセリング① カウンセリング理論
第9回  カウンセリング② カウンセリング理論とロールプレイ
第10回  教育相談の諸問題① 発達障がい
第11回  教育相談の諸問題② 非行・問題行動
第12回  教育相談の諸問題③ いじめ
第13回  教育相談の諸問題④ 子ども虐待
第14回  教育相談の諸問題⑤ トラウマ
第15回  教育相談の諸問題⑥ 不登校
授業外学習の課題  授業内容の理解を深めていただくために,レポートを提出していただきます。
 また,授業で学んだ知識をどのように活用することで,よりよい教育相談としてのかかわりができるかを考えてください。
履修上の注意事項  私語は他の履修者の迷惑になるので謹んでください。
 出席はICカードにより出席確認を行います。
成績評価の方法・基準  試験(70%),レポート(20%),課題の内容(10%)を目安に総合的に評価します。
 不定期にレポート・課題(授業内容への感想や意見・要望など)の提出をしてもらうことがあります。
テキスト  使用しません。
参考文献  授業内で適宜紹介します。
主な関連科目  臨床心理学,発達心理学,児童福祉論,基礎特殊講義(生活環境とストレス),知覚心理学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
 授業中に適宜質問の時間を設けます。課題に記入された質問については,次回以降の授業で回答します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2016 2
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 2
人文学部英語英文学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部法律学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2011~2016 2