授業コード 81106100 クラス
科目名 初等生徒指導論 単位数 2
担当者 西野 泰代 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 生徒・進路指導論
授業の概要 生徒指導の本質,生徒指導を支える基礎理論,生徒指導の方法とあり方などについて理解を深めるとともに,子どもたちの発達を支援するための生徒指導のあり方について,学生自身が考え,さらに,実践に移すことのできる力を養うことを目指します。
授業では,グループ単位でのディスカッションや全体の場での発表の機会を設けることにより,「個人⇒集団⇒個人」のプロセスを経て学習の定着を図るとともに,教育の現場で求められるコミュニケーション能力の育成を図ります。
生徒指導の現状をめぐる問題と今日的課題を指摘しながら,生徒指導が人間の生き方や自己実現にかかわる重要な教育活動であることの理解を深めるとともに,生徒の多様化に対応できる教員としての指導力を培うことが本講義のねらいです。
学習の到達目標 1. 子どもの発達についての理解を深める。
2. 教師として,大人として,子どもに関わることの意味について考える。
3. 多様な生徒指導のあり方について主体的に考えるための基礎を形成する。
4. 教育現場で求められるコミュニケーション能力の育成を図る。
授業計画 第1回 第 1回: 生徒指導の意義と目的
第2回 第 2回: 心理学的発達の道筋と発達課題の理解
第3回 第 3回: 学級集団における心の発達とその理解
第4回 第 4回: 児童期に特有の適応困難
第5回 第 5回: 問題行動への理解と対応① <不登校>
第6回 第 6回: 問題行動への理解と対応② <いじめ>
第7回 第 7回: 問題行動への理解と対応③ <非行>
第8回 第 8回: 第1回~第7回までの復習と定着度のチェック
第9回 第 9回: 特別支援教育についての理解
第10回 第10回: 子どもと子どもを取り巻く環境のアセスメント
第11回 第11回: 学校カウンセリングとソーシャルスキル教育(キャリア教育を含む)
第12回 第12回: 自己実現を可能にする生徒指導・進路指導(キャリア教育)
第13回 第13回: 市民的自立に向けた生徒指導の課題
第14回 第14回: 生徒指導における予防・開発的アプローチ
第15回 第15回: 第9回~第14回までの復習と定着度のチェック           
     全体のまとめ
授業外学習の課題 第 1回: 生徒指導の意義と目的について考える 
第 2回: 心理学的発達の道筋と発達課題についてまとめる
第 3回: 学級集団における心の発達について考える
第 4回: 児童期に特有の適応困難について考える
第 5回: 不登校が生起するメカニズムとその背景について考える
第 6回: いじめの予防と介入について考える
第 7回: 非行の背景にあるものとその予防について考える         
第 8回: 第1回~第7回までの総復習    
第 9回: 軽度発達障害について理解したうえで,援助の方法を探る     
第10回: 子どもを取り巻く環境について考える
第11回: 子どもの成長を目指した援助活動の在り方について考える 
第12回: 自己実現を可能にする生徒指導の在り方について考える   
第13回: 市民的自立を可能にする指導について考える    
第14回: 生徒指導における予防・開発的アプローチについてまとめる    
第15回: 第9回~第14回までの総復習と全体のまとめ
履修上の注意事項 毎回資料を配布しますので,各自ファイルを一冊用意して配布資料を綴じてください。そのファイルは毎回持参すること。また,次の講義に向けての課題(すなわち宿題)を提示しますので,各自積極的に取り組んでください。
成績評価の方法・基準 1. 授業への取り組み(20%):
授業における課題への取り組みや集団討議,発表への意欲態度を点数化して評価します。
2. 授業内での小テスト2回(それぞれ30%):
第8回と第15回の授業時に,それまでの授業内容についてそれぞれ十分に理解されているかをテストします。   
3. 総括レポート(20%):第15回授業で提示する課題について論述してもらいます。これを,論述の形式,授業内容の理解と定着度,論旨の一貫性,独創性の観点から評価します。

 以上により,総合的に評価します。
テキスト 特に指定しません。
 
授業において資料を適宜配布します。
参考文献 ● 生徒指導提要, 文部科学省 (教育図書)
● 新しい生徒指導の手引き,諸富祥彦著 (図書文化)
主な関連科目 教育心理学Ⅰ
教育心理学Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
● 講義終了後に対応します。
● オフィスアワーにおいても対応します。
 (詳細については授業でお知らせします)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 2