授業コード 81106000 クラス
科目名 中等教育方法論 単位数 2
担当者 西森 章子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中等教育における教育方法をとらえる
授業の概要 本授業は,(1)時間構造と授業場面との関連,(2)教材および教育メディアの利用(ICT活用と学習者の認知促進),(3)理解を導くコミュニケーション,の3つの観点を中心に進められる。また授業では,教育学に関する用語・概念の確かな理解につながるよう,教育実践に対する分析的視点の獲得に向けて,体験学習および体験を基にした省察が適宜取り入れられる。
学習の到達目標 (1)教授―学習場面を導く際の、基本用語や概念の指し示す意味を自らのことばで表現できる。
(2)理論的な教育学から実践的な授業場面へ,またその逆方向へと自らの視点を転換できる。
(3)中等教育の授業場面に対し,分析的・多角的に観察または考察できるようになる。
授業計画 第1回 教育「方法」の位置づけ
・教師の「ねがい」を中心に
授業場面を観察する
第2回 教授方略を考える1
・カリキュラムの定義
・様々なレベルから構成されるカリキュラム
第3回 教授方略を考える2
・教科課程-単元-授業のつながり
第4回 教授方略を考える3
・授業展開を見つける(国際比較調査の授業風景から)
第5回 教授方略を考える4
・授業展開における教授活動・学習活動
第6回 第1回小テスト
教育評価の意味(教育評価の類型とそのはたらき)
第7回 教材を考える1
・「素材の教材化」を体験する
第8回 教材を考える2
・教材・教具の定義および歴史的変遷
第9回 教材を考える3
・教育メディア利用の強みと注意点
・学習者の視聴覚に訴える教材の意義
第10回 教材を考える4
・ICT機器の整備状況と問題点
第11回 第2回小テスト
教育評価の意味(学習者によるフィードバックの活用)
第12回 コミュニケーションを考える1
・コミュニケーションの定義
・言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション
第13回 コミュニケーションを考える2
・授業におけるコミュニケーションと指導言
第14回 学習環境を考える
・教室環境と学習組織
・教師の指導機能と経営機能
第15回 教育方法の歴史的展開
・わが国における展開
・諸外国における展開
授業外学習の課題 授業内において「次週に向けた小課題」を提示する。
履修上の注意事項 受講にあたり,自らの教育経験について話す・書くといった技能と、他の受講生の声を聴き、ともに学ぶ態度が求められる。
また、これまでの授業経験(初等教育)をふりかえって,あなたにとって「記憶に残る授業」とは何か(よい記憶かわるい記憶かは別として),そして、なぜその授業が記憶に残っているのだろうか,事前に考えておくこと。
成績評価の方法・基準 成績評価は,3種類のリソースを基に行われる。まず,受講生の学習過程に関する評価として,小テストが2回実施される(全評価のうち20%)。小テストは,受講生の知識・理解の程度を見取ることを目的として実施される。また,学習結果に関する評価として,定期試験がおこなわれる(全評価のうち50%)。試験として,総合テストあるいはレポートが課される。これは,全講義を通じて,事象を分析(評価)する力,創造しようとする姿勢が受講生に形成されたのかどうか,見取ることを目的として行われる。その他,ミニッツ・ペーパーなどへの記述などから,授業内容への取り組み(全評価のうち30%)が評価される。
テキスト 基本的に,授業者により作成されたプリントや資料に基づいて進められる。資料は下記参考書及び参考資料から作成される.また授業内容に応じ,情報提示機器を利用して授業が進められる。
参考文献 浅田匡・生田孝至・藤岡完治編著(1998)『成長する教師』,金子書房
梶田叡一(1983)『教育評価(第2版補訂版)』,有斐閣双書
西森章子(2006)「第3章 学習指導の組織化」,『子どもに向き合う授業づくり』生田孝至(編),図書文化
奈須正裕(1997)「第4章 カリキュラム編成の原理をめぐって~内容論」,鹿毛・奈須(編著)『学ぶこと・教えること 学校教育の心理学』,金子書房
日本教育方法学会(編)(2009)日本の授業研究,学文社
西森章子(1999)「第2章 カリキュラムと授業の理解」,多鹿秀継(編著),『認知心理学からみた授業過程の理解』,北大路書房
Stigler,J.W. & Hiebert,J.(1999)The Teaching Gap: Best Ideas from the World's Teachers for Improving
Education in the Classroom, Free Press
田中耕治(2007)『よくわかる授業論』,ミネルヴァ書房
安野光雅(1977)『旅の絵本』,福音館書店
大阪府立富田林高等学校(2012)『論理的思考を促す意見文作成授業の試み』,公益財団法人パナソニック教育財団第38回実践研究助成・報告書
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に質問に応じる。
また,授業中に配布するミニッツ・ペーパーで表現された質問には,次回授業の冒頭で対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2016 2
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 2
人文学部英語英文学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部法律学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2011~2016 2