授業コード 81105600 クラス
科目名 中等道徳教育論 単位数 2
担当者 大庭 宣尊 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 道徳教育の可能性と課題
授業の概要 道徳とはいったい何なのか。そもそも,道徳を教えるなどということは可能なのだろうか。こうした問いへの答えを,倫理学,心理学,社会学,教育学などの知見に沿いながら,道徳教育についてのさまざまな考え方,教育現場において生起する諸問題,あるいは道徳教育の歴史といった諸側面からアプローチし,考えていく。
学習の到達目標 教員として求められる深い人間性への洞察にもとづいた,道徳教育についての理解が進み,その方法に関心をもつ。
授業計画 第1回 本講義は,基本的には以下のような方向性をもって進めていくが,進行過程で随時課題を課す。その課題における受講生の記述を講義にフィードバックさせながら進めるため,進行速度,進行方向が微修正されることもある
ガイダンスの後,「道徳の授業」という時空について
第2回 「道徳の時間」と学習指導要領
第3回 学習指導要領改訂と「道徳教育の変遷」
第4回 道徳とは何か?そして,正解はあらかじめ用意しうるのか?
第5回 知ること,わかること,できること
第6回 利己と利他:人が人とともに生きることをめぐって
第7回 ここまでのふりかえりならびに小テストとその解説
第8回 「徳目主義」は超えられるか
第9回 公正(正義)の道徳と配慮の道徳~ⅰ.正義の道徳~
第10回 公正(正義)の道徳と配慮の道徳~ⅱ.配慮の道徳~
第11回 モラルジレンマ,ジャストコミュニティ,コミュニケーションと道徳
第12回 物語空間からリアルな空間へ~ⅰ,物語を「読む」ことを超えられるか~
第13回 物語空間からリアルな空間へ~ⅱ,等身大のリアルな声と交差する~
第14回 ローカルな規範と普遍的規範~人権という視点から~
第15回 全体のまとめと⑧~⑮についての小テストとその解説
授業外学習の課題 授業中に配付する資料プリントは必ず目を通すこと。また,毎回,各自が考えていかなければならないような内容を提示するので,授業内容をふりかえり,その自分なりの「まとめ」を言語化していくこと。参考文献なども適宜紹介するので,各自で読んでみること。
履修上の注意事項 本講義は,中学校教員免許状取得のために必修とされている。免許取得のためというよりは,教員として生徒に向き合う状況をイメージしながら,自覚をもって授業にのぞんでほしい。
成績評価の方法・基準 受講態度や授業中に随時提出を求める課題などによる平常点(30%)と,2度の小テスト(70%)によって,評価を行う。
テキスト 使用しない。
参考文献 参考資料を随時,プリントで配付する。
主な関連科目 教育社会学。人権教育論。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回の授業後に受けつける。直接言うのはちょっと,という者はメールにても対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2016 2
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2011~2016 2
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2011~2016 2
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 2
人文学部英語英文学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部法律学科(資格関連科目) 2011~2016 2
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2011~2016 2
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2011~2016 2