授業コード 81104700 クラス
科目名 理科教育法 単位数 2
担当者 池田 幸夫 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 理科教育法(The Outline of School Science Education)
授業の概要 日本の理科教育の歴史、理科の教授学習論、理科の授業づくり、評価の目的と方法など、小学校の教員として必要な理科教育の基礎理論と知識・方法について講義する。
学習の到達目標 小学校理科に関する基礎的な知識や考え方を理解し、授業づくりや学習指導をするための基礎学力やを修得する。
授業計画 第1回 第1回:ガイダンス、日本の理科教育の課題
第2回 第2回:学生諸君が受けてきた理科教育課程
第3回 第3回:戦後の理科教育の歴史(1)戦後から昭和40年代まで
第4回 第4回:戦後の理科教育の歴史(2)昭和50年代から現在まで
第5回 第5回:新教育課程の概要
第6回 第6回:理科の学習論(1)系統学習
第7回 第7回:理科の学習論(2)問題解決学習
第8回 第8回:理科の学習論(3)構成主義学習論
第9回 第9回;新しい教授学習論・・・理論依存型授業と理論追求型授業
第10回 第10回:理科の評価(1)評価の目的と方法
第11回 第11回:理科の評価(2)概念地図法とその理科教育への応用
第12回 第12回:理科の授業づくり(実験観察とワークシート)
第13回 第13回:学習指導案(1)指導案の目的とその概要
第14回 第14回:学習指導案(2)指導案の作成
第15回 第15回:まとめ
授業外学習の課題 毎回の授業で課題を与えてレポートを書かせることはないが、主体的に復習することによって、あなた自身が受けてきた理科教育と対比させて、授業で学んだことを確実に理解するように努めてもらいたい。
履修上の注意事項 受講生の興味関心に応えるように授業の内容と方法を工夫するように努力するが、受講するにための最低限のマナーを守り、迷惑行為は現に慎むこと。
成績評価の方法・基準 試験による評価を基本とし、授業中に行う小レポートを加味して(およそ20%)評価する。評価のポイント:①理科教育の考え方の理解 ②理科教育への興味関心 ③理科教育の方法の修得(教授法・評価法など)
原則として、3分の2以上の出席が単位認定の条件である。
テキスト 小学校理科学習指導要領理科編
参考文献 授業の中で紹介する。
主な関連科目 理科教育内容論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
簡単な内容については、毎回の授業中に配付したカードで質問することができる。込み入った内容の質問は、研究室でいつでも受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 2
人文学部教育学科(資格関連科目) 2016~2016 2