授業コード 81102302 クラス 02
科目名 教育原理 単位数 2
担当者 相馬 伸一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 教育的思考のトレーニング The Trainings for Educational Way of Thinking
授業の概要 この科目は、教職課程の教職に関する科目(必修)であり、教育学専攻の基礎講義科目のひとつです。
教育問題が話題に上らない日はありません。しかし、それらはともすればセンセーショナルに語られ、一過性のことがらとして忘れさられ、また新たな教育問題がとりあげられているということが繰り返されています。
この授業では、①そうした一時的な関心から踏みこむこと、そして、②傍観者としてではなく当事者として関わるための意識をどうやって育むかについて、教育学の基礎的な知見と対照させながら講義を進めていきます。
学習の到達目標 ①教育学についての基礎的知識を理解し、大学の内外における思考と行動にわたる幅広い学修への視点を広げることができるようになること。
②教育における当事者・責任者としての意識について考え、判断することができる。
③教育に関する具体的な課題場面にどのように対処するかを考えることができる。
授業計画 第1回 当事者としての発想を考える
第2回 教育的態度の思想
第3回 教育における理論と実践
第4回 開かれた問いの原理
第5回 教育可能性をめぐる論争
第6回 学校論の思想と歴史
第7回 第1回から第6回の振り返り
第8回 教育関係論の思想
第9回 社会化と個性化をめぐる論争史
第10回 発達をめぐる論争史
第11回 教育内容をめぐる論争史
第12回 教育方法をめぐる論争史
第13回 第8回から第12回の振り返り
第14回 贈与としての教育
第15回 全体のまとめ、講評、授業アンケート
授業外学習の課題 1.1~6、8~12、14回については、授業前に指定テキストの該当の章を熟読し、授業後には授業範囲の指定テキストの章を熟読してください。それぞれ2時間を目標に、分らない用語等は調べながら。
2.7回と13回に向けては、それぞれ1~6回と8~12回の範囲を十分な時間をかけて復習しておきましょう。
履修上の注意事項 この授業は、教職課程の必修科目です。教職は、高度な倫理性が要求される職業です。この点を自覚し、以下の注意事項を遵守して、能動的な態度で出席してください。
1.他の受講者の迷惑を考え、遅刻しないようにしましょう。20分以上の遅刻は出席と認めません。
2.やむを得ず欠席する場合は、事前に欠席届を提出しましょう。
3.授業の改善のため、15回目の授業の終わりに行うアンケートに参加してください。
4.休講による補講を設定する場合があるので、連絡事項を確認してください。
成績評価の方法・基準 授業内の2度のテスト(100%)
7回目の授業で①~⑥の内容、13回目に⑧~⑫の内容に関する記号式のテスト(各30点満点)を行い、100%分に換算します。
テキスト 相馬伸一『教育的思考のトレーニング』東信堂、2008年、2730円、ISBN978-4-88713-854-4- C3037
このほか授業用のワークブックを配布します。
参考文献 田中智志、今井康雄編『キーワード 現代の教育学』東京大学出版会、2009年。
広田照幸『ヒューマニティーズ 教育学』岩波書店、2009年。
内田樹『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』講談社、2007年。
主な関連科目 教育制度論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問・相談は、基本的に授業終了時に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2015 1
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2015 1
経済科学部現代経済学科(資格関連科目) 2011~2015 1
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2015 1
人文学部人間関係学科心理学専攻(資格関連科目) 2011~2015 1
人文学部人間関係学科社会学専攻(資格関連科目) 2011~2015 1
人文学部人間関係学科教育学専攻(資格関連科目) 2011~2015 1
人文学部英語英文学科(資格関連科目) 2011~2015 1
法学部法律学科(資格関連科目) 2011~2015 1
法学部国際政治学科(資格関連科目) 2011~2015 1
人間環境学部人間環境学科(資格関連科目) 2011~2015 1