授業コード 81102200 クラス
科目名 情報科教育法Ⅱ 単位数 2
担当者 梶川 正 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報科教育の指導法Ⅱ  Teaching Method of Information Department Education
授業の概要 高等学校教科「情報」の教員免許取得に必須の教職に関する科目です。専門教科情報科の目標、内容等について理解し、 前期に開講する情報科教育法Ⅰの内容を踏まえて、効果的な指導を実現するための指導の計画と方法を学びます。
学習の到達目標 「高等学校学習指導要領解説 情報編」を熟知することによって、教科「情報」の目標、内容、指導方法を理解した上で、情報科教育法Ⅰの内容を踏まえて、学習指導案を作成し、模擬授業を実践することができます。【身につく力】 「知識・理解」「プレザンテーション能力」「問題解決力」
授業計画 第1回 第 1回:  オリエンテーション(授業方針、学習環境の整備・ベル着・授業規律の確立などについて)
第2回 第 2回:  「高等学校学習指導要領解説 情報編」について 
      ・主として専門学科において開設される教科「情報」
第3回 第 3回:  「高等学校学習指導要領解説 情報編」について 
      ・専門教科情報科の各科目
第4回 第 4回:  「高等学校学習指導要領解説 情報編」について 
      ・教育課程の編成
第5回 第 5回:  「高等学校学習指導要領解説 情報編」について 
      ・指導計画の作成
第6回 第 6回:  学習指導案の作成・検討
第7回 第 7回:  模擬テスト問題の作成・検討
第8回 第 8回:  模擬授業(情報通信ネットワークの活用とコミュニケーション)
第9回 第 9回:  模擬授業(情報化が社会に及ぼす影響と課題)
第10回 第10回: 模擬授業(情報セキュリティの確保)
第11回 第11回: 模擬授業(情報社会における法と個人の責任)
第12回 第12回: 模擬授業(社会における情報システム)
第13回 第13回: 模擬授業(情報システムと人間)
第14回 第14回: 模擬授業(情報社会における問題の解決)
第15回 第15回: 目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)の実践
授業外学習の課題 学習指導要領の学習,学習指導案の作成,模擬授業の実施,模擬テスト問題の作成,目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)の準備のために,それぞれ約120分以上は予習にかけましょう。また,文部科学省,広島県教育委員会,広島県立教育センターの情報科教育に関連した,Webサイトを閲覧しておいてください。
履修上の注意事項 受講心得:教職関係の受講者は、特に、学習環境の整備、ベル着、授業規律の確立を学生の時から率先して実行できることが大切です。意欲的な姿勢や態度が顕著な学生については、教職を目指す学生を育てる観点から最終的な評定に反映させます。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(70%)・課題提出(30%)によって総合的に評価する。欠席は減点。
テキスト ・文部科学省「高等学校学習指導要領解説 情報編」開隆堂 ISBN978-4-304-04165-5 修大生協
・高等学校教科書「最新社会と情報」(社情311)山極隆 実教出版 ISBN978-4-407-20383-7 修大生協
参考文献 ・文部科学省「高校学校学習指導要領」東山書房
・「評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料 高等学校共通教科「情報」」国立教育政策研究所教育課程研究センター (著) 、教育出版
主な関連科目 情報科教育法Ⅰ、教職関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
カードに書かれた質問には次回授業の冒頭に回答する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2015 3