授業コード 81102000 クラス
科目名 情報と職業 単位数 2
担当者 梶川 正 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報化の進展と職業  Informational Development and Occupation
授業の概要  高等学校教科「情報」の教員免許取得に必須の教科に関する科目です。
授業では、コンピュータや通信ネットワークなど情報通信技術の発展と利用の拡大が、産業やビジネス活動および職業にどのような影響を与え、どのような変革をもたらしているか。その動向を把握するとともに、これからの情報社会で求められている職業人としての資質・能力および職業観、倫理観などについて考察します。さらに、情報に関連する職業人を目指す高校生の指導に必要な進路(職業)指導の基礎を学びます。
学習の到達目標 情報化の進展がビジネスや職業に及ぼす影響を理解できる。
高校生の進路指導について基礎的な理解ができる。
授業計画 第1回 第 1回:  オリエンテーション(授業方針・ベル着などについて)
第2回 第 2回:  社会の情報化
第3回 第 3回:  情報産業の進展と役割
第4回 第 4回:  情報技術者の義務と責任
第5回 第 5回:  情報モラルと情報セキュリティ
第6回 第 6回:  情報産業と法規
第7回 第 7回:  事例研究発表(情報化と社会①)
第8回 第 8回:  事例研究発表(情報化と社会②)
第9回 第 9回:  ロールプレイ(進路指導)
第10回 第10回: 事例研究発表(情報産業と情報モラル①)
第11回 第11回: 事例研究発表(情報産業と情報モラル②)
第12回 第12回: 事例研究発表(情報産業と情報モラル③)
第13回 第13回: ロールプレイ(進路指導)
第14回 第14回: 事例研究発表(情報産業と情報技術①)
第15回 第15回: 事例研究発表(情報産業と情報技術②)
授業外学習の課題 事例研究発表の準備。
履修上の注意事項 受講心得:教職関係の受講者は、特に、学習環境の整備、ベル着、授業規律の確立を学生の時から率先して実行できることが大切です。意欲的な姿勢や態度が顕著な学生については、教職を目指す学生を育てる観点から最終的な評定に反映させます。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(70%)・課題提出(30%)によって総合的に評価する。欠席は減点。
テキスト 文部科学省検定済教科書「情報302 情報産業と社会」伏見正則、実教出版 ISBN978-4-407-20229-8 修大生協
参考文献 文部科学省の情報科教育に関連した、Webサイトをインターネット上で検索・閲覧しておいてください。
主な関連科目 情報科教育法Ⅰ、情報科教育法Ⅱ、教職関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
カードに書かれた質問には次回授業の冒頭に回答する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2016 2・3・4