授業コード 81014405 クラス 05
科目名 簿記原理Ⅱ 単位数 2
担当者 深川 千秋 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 商学部の学生として最低限必要な簿記の知識と技術の修得(日商簿記検定3級合格レベル):Principles of BookkeepingⅡ
授業の概要 個人商店や会社などの企業は、商品の仕入れや売り上げ、机やいすなどの備品の購入、従業員への給料の支払い、銀行からの資金の借り入れ、税金の支払いなど、様々な活動を営んでいます。企業は、これら日々の活動を帳簿に記録し、一定期間ごとに整理して、報告書(「損益計算書」と「貸借対照表」。両者をまとめて「財務諸表」という)の形にまとめ、株主や経営者、銀行などの企業の各関係者に報告します。この財務諸表を作るための技術を簿記といいます。この授業では、簿記原理Ⅰの授業に引き続き、簿記の基礎知識から財務諸表の作成までを体系的に学びます。
学習の到達目標 商学部の学生として最低限持っているべき基本的な簿記の知識と技術を身につけること。
授業計画 第1回 商品売買(1)
第2回 商品売買(2)
第3回 商品売買(3)
第4回 手形
第5回 有価証券と固定資産(1)
第6回 有価証券と固定資産(2)
第7回 その他の資産・負債(1)
第8回 その他の資産・負債(2)
第9回 その他の取引
第10回 伝票
第11回 決算(1)
第12回 決算(2)
第13回 決算(3)
第14回 決算(4)
第15回 まとめ
授業外学習の課題 この授業は理論の勉強を中心とする授業です。問題演習については簿記基礎演習等の演習科目または各自で時間外に取り組んでください。
また、授業は原則として、2時間の予習、2時間の復習の計4時間の自宅学習を前提としています。くれぐれも授業時間外の学習をおろそかにしないでください。
履修上の注意事項 この授業は商学部必修科目です。試験は、再履修クラスを含む商学科・経営学科の履修者全員を対象とした統一試験を同一時間帯に実施します。
また、携帯電話・電子辞書等を電卓の代わりに使用することは出来ません。必ず計算機能のみの電卓を用意して下さい。
成績評価の方法・基準 期末試験100%で評価します(注)。
なお、以下の事項に該当する学生は上記評価から減点します。
(1)遅刻・欠席(規定回数を超えた場合、特別な事情がある場合を除き、期末試験の受験資格を自動的に失います)
(2)私語、居眠り、携帯電話の使用、帽子の着用などのマナー違反
(3)教室に来て座っているだけで授業に参加しない

(注)授業履修年度の11月の日本商工会議所主催簿記検定試験3級に合格した学生で、以下の2つの要件を満たした場合には、簿記原理Ⅱの評価として70点を保証します。期末試験で70点以上をとった場合には、その点数で評価します。
(1)指定期日までに合格証書のコピーを「教学センター教務第1課(商学部)レポートボックス」に提出すること(なお、コピーには鉛筆等で①学籍番号、②履修クラス(曜日・時限・担当教員名)を必ず記載すること)
(2)期末試験を受験すること
テキスト 蛭川幹夫、増子敦仁『新版日商簿記 3級テキスト』実教出版。
蛭川幹夫、増子敦仁『新版日商簿記 3級問題集』実教出版。
参考文献 TAC簿記検定講座著『合格テキスト 日商簿記3級 Ver.9』TAC出版。
TAC簿記検定講座著『合格トレーニング 日商簿記3級 Ver.9』TAC出版。
その他の参考文献については各担当教員に確認してください。
主な関連科目 会計学原理Ⅰ・Ⅱ、中級簿記Ⅰ・Ⅱ、上級簿記Ⅰ・Ⅱなどの会計関連科目。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
基本的に、授業終了時に直接担当教員に質問してください。メール等その他の対応方法については、各担当教員に直接問い合わせてください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2017 1・2・3・4