授業コード 81014308 クラス 08
科目名 簿記原理Ⅰ 単位数 2
担当者 和田 恒久 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 複式簿記の基本原理を学ぶ Principle of BookkeepingⅠ
授業の概要 簿記原理とは複式簿記の基本原理のことである。高等学校(商業科)の教科書「簿記」「会計」で深く接することのなかった複式簿記の基本原理や新会計基準について学ぶ。
簿記の歴史や理論、理論と実務を比較検討しながら学ぶ。また、簿記会計に関する理解を深めるために、日本経済新聞の記事等について複式簿記の仕訳をとおして解説する。
学習の到達目標 簿記と会計との関連性を理解し、会計学を学ぶための基礎的・基本的な知識と技術を身に付ける。
授業計画 第1回 簿記の歴史
第2回 単式簿記と複式簿記
第3回 商品勘定の分割(総記法と分記法)
第4回 3分法と売上原価対立法
第5回 英米式決算法
第6回 大陸式決算法
第7回 財産法と貸借対照表
第8回 損益法と損益計算書
第9回 キャッシュ・フロー計算書1
第10回 キャッシュ・フロー計算書2
第11回 キャッシュ・フロー計算書3
第12回 勘定理論(実体勘定と名目勘定)
第13回 純財産学説、貸借対照表学説
第14回 四勘定系統説(高等学校の教科書)
第15回 講義のまとめ
授業外学習の課題 各時間のおわりに、本時のまとめと次週にむけての事前学習について説明するので、事前によく予習をすること。
また、不定期に小テストを行うことがあるので、よく復習をしておくこと。
履修上の注意事項 商業科出身者を対象としたクラスである。従って、高等学校ですでに複式簿記の基本原理を学習していることを前提として、授業を行う。また、授業には電卓を持参すること。
成績評価の方法・基準 定期試験70%、講義内容についての小テストや提出物(不定期に行う)30%を目安に総合的に評価する。
テキスト なし。
講義に必要な新会計基準のコピーや練習問題等は、その都度配布する。
参考文献 授業中に適宜指示する。
主な関連科目 なし。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
学習内容についての質問や勉強方法についての相談は、次の授業中に時間をとり、質問内容をクラス全体のものとします。
オフィスアワーは、水曜日3時限とします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2017 1・2・3・4