授業コード 81000300 クラス
科目名 商業科教育法Ⅰ 単位数 2
担当者 河内 満 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 高等学校における商業教育 Business Education Ⅰ
授業の概要 高等学校における商業教育は、高校生という発達段階にある生徒に、単に商業や職業に関する知識や技術を学ぶだけではなく、生徒の人間形成を含め、一人で生きていく力をつける教育である。
従って、商業教育は、継続教育を視野に入れた職業教育であり、商業に関する専門教育である。
この授業では、教育実習や教員採用試験を意識しながら、高等学校における商業科の教師として必要とされる知識、技術、倫理観、取り組み姿勢を育てることを目的とする。
学習の到達目標 高等学校の商業教育の意義と役割を理解し、商業科の教員として必要とされる知識、技術、倫理観を身に付ける。
授業計画 第1回 第 1回 「教師を志す」ということ
第2回 第 2回 教職の専門性
第3回 第 3回 商業科教師への道
第4回 第 4回 商業科の教師に求められるもの
第5回 第 5回 商業の概念
第6回 第 6回 商業に関する学説1
第7回 第 7回 商業に関する学説2
第8回 第 8回 商業教育の定義
第9回 第 9回 商業教育の目標(高等学校学習指導要領)
第10回 第10回 商業教育と関連法規
第11回 第11回 教育課程の編成
第12回 第12回 高等学校の商業教育への批判(反論)
第13回 第13回 高等学校の商業教育の意義
第14回 第14回 高等学校商業教育の特質
第15回 第15回 高等学校の商業教育のまとめ・試験
授業外学習の課題 各時間の終了前に、次の時間の具体的テーマについて予告するので、事前に調べておき、次回のはじめに発表できるようにしておくこと。
履修上の注意事項 講義への遅刻・欠席は教師としての資質を問われるものである、よく自覚すること。
高等学校教諭1種免許状(商業)を取得するための必修科目である。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み40%(毎時間、教育に関する新聞記事や事前に予告したテーマについて各自の意見を求める)、試験60%を目安に総合的に評価する。
合理的な理由と認められない欠席の多い受講生は、評価の対象としない。
テキスト 文部科学省『高等学校学習指導要領解説 商業編 平成22年5月』実教出版、¥482。
参考文献 岡田修二『教職必修最新商業科教育法』実教出版
文部科学省『高等学校学習指導要領』大蔵省印刷局
主な関連科目 教職関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内容についての質問や相談は、授業の中で時間を取り、クラス全体のものとして共有する。
オフィスアワーは、水曜日3時限とします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(資格関連科目) 2011~2015 3
商学部経営学科(資格関連科目) 2011~2015 3
経済科学部経済情報学科(資格関連科目) 2011~2015 3