授業コード 64002002 クラス 02
科目名 基礎分析実験 単位数 1
担当者 島田 和子 履修期 第2学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 基礎分析実験 Basic Analysis Experiment
授業の概要  食べ物と健康の関連を理解するためには、食品に含まれる様々な成分の性質や含有量等の知識が必要です。これらの知識をより深め、定着させるためには実験による体験・実証が有効です。そこで、基礎分析実験では、中和滴定、比色定量、酸度測定、pHと緩衝溶液等、食品成分分析に関連した基礎的な分析実験を通じて、成分分析の基本原理を学ぶとともに、安全な実験操作、分析機器の測定原理と取り扱い方法、試薬の調製方法、化学反応や濃度計算の基礎、実験データの解析方法等の基礎知識と技能習得に重点を置きます。また、これらの分析原理や手法は、食品学系はもちろんのこと、栄養アセスメントにおける客観的評価指標としての生化学的検査にも応用されていることへの理解導入も図ります。
学習の到達目標 ①食品成分分析のための基礎知識と技術を習得する。
②他者が読んでも理解できる実験レポートが書ける。
授業計画 第1回 化学実験の基本(危険を防ぐための実験上の注意、試薬と廃液の取り扱い、主な実験器具と洗浄法、溶液の濃度、天秤の使用法)、レポートの書き方1、中和滴定用試薬の調製
第2回 中和滴定の基礎実験(濃度・溶液量と中和との関係、力価、酢酸水溶液の濃度測定)
第3回 実験結果(数値)の取り扱い(有効数字と精度、平均値、標準偏差)とレポートの書き方2
第4回 中和滴定の応用実験(果汁の有機酸量の測定)、緩衝溶液の調製
第5回 水(水道水、ミネラルウォーター)の硬度の測定(キレート滴定)
第6回 pHと緩衝溶液(pHメーターの使用法、緩衝溶液のpH変化の実験、食酢の酸度測定)
第7回 比色分析(比色定量の基礎理論、比色定量用試薬の調製、検量線、食品中の鉄の定量)
第8回 食品の塩分測定と糖度測定
第9回 -
第10回 -
第11回 -
第12回 -
第13回 -
第14回 -
第15回 -
授業外学習の課題 ①予め配布したプリントを読み、その内容を理解した上で実験授業に臨むこと。
②授業後は、レポートを作成し、次回の授業時に提出する。
履修上の注意事項 授業の予習と復習を必ず行い、疑問点などあれば、参考書等で調べ、解決しておくこと。それでも理解できないことがあれば、必ず質問に来てください。毎回の授業内容について、疑問点を後に残さないように取り組んでください。
成績評価の方法・基準 レポート点60%、実験への参加態度40%。
テキスト 配布プリントです。
参考文献 谷口亜樹子・古庄律・松本憲一編『基礎から学ぶ食品化学実験テキスト』(建帛社)
村上俊男編『改訂 基礎からの食品・栄養学実験』(建帛社)
主な関連科目 食品学Ⅰ、食品学Ⅱ、食品学実験
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業後の教室または研究室にて質問・相談を受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部健康栄養学科(食べ物と健康) FHNU20303 2017~2017 1・2・3・4