授業コード 64000200 クラス
科目名 基礎化学 単位数 2
担当者 多山 賢二 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 基礎化学 Basic chemistry
授業の概要  物質の基礎的・化学的性質に関する知識を習得することを目標とします。特に、化学物質の分子構造やイオン状態、化学反応など無機化学・有機化学の基礎の学習を通じて、身近な事例について化学的に見る目を養うと共に、科学的ニュース番組を理解できるようにします。そうすることで、健康栄養学科の学生は資格に直結した基礎専門科目を修得でき、心理学科の学生は理化学的教養を身につけることができます。
学習の到達目標 1)健康栄養学科の学生;化学の基礎を習得できている。
2)心理学科の学生;理化学的教養が身についており、科学的ニュースの概要が理解できる。
授業計画 第1回 授業の内容説明、成績評価方法説明、化学について
第2回 人間生活と化学物質
第3回 原子の構造と周期表
第4回 原子と原子の結合
第5回 濃度とpH
第6回 酸化と還元
第7回 有機分子
第8回 物質の単離と同定
第9回 無機物
第10回 化学反応と化学平衡
第11回 酸と塩基
第12回 電池
第13回 環境汚染化学物質
第14回 アミノ酸と糖
第15回 生体高分子、全体のまとめ
授業外学習の課題  日常生活の中で、あるいはマスコミ報道・ネット配信で取り上げられた化学に関する事項について、自分なりに調べてみる。課題レポートの詳細は授業中に指示され、翌週には提出が必要となる。
履修上の注意事項 ・欠席が5回を超えた場合には、期末試験の受験資格を失う。
・欠席した授業中に配布された資料を、後日入手したいとの要望には応えられない。
成績評価の方法・基準 期末試験(50%)、受講態度・授業への参加態度(25%)、課題レポート・小テスト(25%)
テキスト 化学が見えてくる、岩本悦郎ら著、三共出版、2005年、2000円(税別)、ISBN 4-7827-0513-1
参考文献 くらしの化学(横川洋子 編著、学文社)
主な関連科目 化学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
 本授業後の空き時間帯およびオフィスアワーを活用して質問や相談に対応します。メールではなく、電話もしくは面談を希望します。オフィスアワー以外は事前予約して下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
健康科学部心理学科(健康科学部総合科目) FHPS41001 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(健康科学部) FHNU10202 2017~2017 1・2・3・4