授業コード 63000201 クラス 01
科目名 健康心理学 単位数 2
担当者 古満 伊里 履修期 第2学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 健康心理学 Health Psychology
授業の概要 健康心理学は人生・生活の質(Quality of Life; QOL)の向上を目指す学際領域です。私たちが健やかに日々過ごすためには,こころとからだの相互作用という個人内の現象に気づくことはもちろん,日々変化する社会システムへの適応も必要です。本講義では,QOLの向上に役立つと思われる心理学的知見を紹介しながら,健康心理学の全体像の理解を目指します。
学習の到達目標 1) 心理学における健康心理学の位置づけと特徴を説明できる。
2) 病気および健康という概念の定義を説明できる。
3) 授業で取り上げた理論やモデルを説明できる。
4) 実践活動の基盤となる理論を説明できる。
5) こころとからだの相互作用に気づき,健康を維持,増進させる方法を理解し,計画し実践することができる。
授業計画 第1回 健康心理学とは1-健康とウェルビーイング(1)
第2回 健康心理学とは2-健康とウェルビーイング(2)
第3回 健康心理学とは3-健康リスクへの心理学的アプローチ
第4回 健康心理学と臨床心理学
第5回 健康増進の心理学1-健康な社会づくり
第6回 健康増進の心理学2-現代生活とストレス
第7回 健康増進の心理学3-健康な食生活
第8回 健康増進の心理学4-運動と休養
第9回 健康増進の心理学5-スピリチュアリティ
第10回 健康を脅かすもの1-健康リスク要因とパーソナリティ
第11回 健康を脅かすもの2-健康リスク要因と行動
第12回 健康を脅かすもの3-女性・男性に特有な健康リスク
第13回 健康を脅かすもの4-高齢者に特有な健康リスク
第14回 ヘルスケアシステムの現状と問題点
第15回 まとめ
授業外学習の課題 講義資料はMoodleを通じて配布するので,講義前に必ず資料に目を通し,教科書を参照しながら資料中の空欄を埋めておくこと。
履修上の注意事項 受講マナーを守りましょう。
できるだけ笑顔を心がけましょう。
成績評価の方法・基準 試験(70%)+リアクションペーパー(30%)
テキスト 島井哲志・長田久雄・小玉正博(編)『健康心理学・入門-健康なこころ・身体・社会づくり(有斐閣アルマ)』,\2,000+税,修大生協
参考文献 必要に応じて提示する。
主な関連科目 パーソナリティ心理学,臨床心理学,ストレスマネジメント
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
電子メールあるいは講義終了時にアポイントメントをとってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科社会学専攻(関連科目) FHHS27103 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) FHED15112 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(健康科学部総合科目) FHPS21101 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(健康科学部) FHNU10102 2017~2017 1・2・3・4