授業コード 50018900 クラス
科目名 基幹Ⅰ特殊講義(比較環境法) 単位数 2
担当者 下村 英嗣 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 諸外国の環境法を学ぶ
授業の概要  日本の環境法を深く理解するには比較対象が必要な場合がある。諸外国には日本の環境法と同様の環境法が多くあり、日本で環境法を制定あるいは改正する場合に、それらの諸外国の環境法を参考にすることも多い。そこで、本講義では日本と共通の国内環境問題に対処する諸外国の環境法をいくつか選定し、その制定背景、内容、実施や執行の実態について学ぶ。そして、日本の環境法との比較によって諸外国と日本の双方の環境法への理解を深める。
 講義の進め方は以下の通りである。
①毎授業時、次回に取り上げるテーマの資料を配布し(第15回目は除く)、書かれている内容を読解してくることを義務づける。資料は授業時のみに配布し、授業時以外はいかなる理由があろうとも渡さない。
②講義時間に配布資料の内容要旨を指定プリントに200字程度で記述し、毎回代表者(複数、毎回変更)が内容要旨を発表する(20分程度)。
③配布資料の内容について教員が解説講義する(45分程度)。
④解説講義を踏まえた上で、外国環境法のポイントや日本法への示唆などを指定プリントに400字程度で記述する(25分程度)。
 従って、講義への積極的な参加意志・勉強意欲がなければ、履修/出席する意味はない。
学習の到達目標 諸外国の環境法の制定背景、内容、裁判を含めた運用実態を理解できるようになること
授業計画 第1回 1 ガイダンス:講義概要と授業方法の説明
第2回 2 自然保護①絶滅危惧種の保護
第3回 3 自然保護②鳥獣保護管理
第4回 4 自然保護③外来生物対策
第5回 5 自然保護④沿岸域管理
第6回 6 自然保護⑤狩猟鉛弾規制
第7回 7 汚染防止対策①水俣病の教訓と外国の公害規制
第8回 8 汚染防止対策②大気汚染防止
第9回 9 汚染防止対策③ごみ問題
第10回 10 気候変動防止①温室効果ガス排出抑制
第11回 11 気候変動防止②気候変動適応策
第12回 12 エネルギー法政策①原発問題
第13回 13 エネルギー法政策②再生可能エネルギー
第14回 14 核廃棄物地層処分①アメリカ
第15回 15 核廃棄物地層処分②フランス
授業外学習の課題 <予習>
 配布した資料を読解し、内容を理解してくること。

<復習>
 取り上げた諸外国の環境法に対応する日本の環境法について調べること。
履修上の注意事項 ①関連科目の環境事例入門、環境法入門、環境法、国際環境法のすべてを履修済みであることが強く望まれる。
 (これらの科目の知識があることを前提に授業を進める)
②受講者全員の前で発表・発言の機会が多々あるため、強い積極性を求める。
③毎日、新聞で日本や諸外国の環境問題記事を探し読むこと。
成績評価の方法・基準 毎回提出を義務づける指定プリント70%(指定プリント5点満点×14コマ=70点満点)、定期試験30%(30点満点)
テキスト とくに指定しないが、講義の中で適宜紹介する。
参考文献 講義の中で適宜紹介する。
主な関連科目 環境事例入門、環境法入門、環境法、国際環境法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
この授業は、受講生が積極的に意見を述べることを期待するため、授業中に遠慮なく意見を述べ、質問をしてください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24151 2017~2017 2・3・4