授業コード 50018600 クラス
科目名 マインド形成特殊実習(環境変化と身体の応答) 単位数 1
担当者 緒方 知徳 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境変化と生体応答
授業の概要 私たちを取り巻く環境は日々変化し続けています。例えば、朝と夜の温度変化、季節の変化、地球の温暖化、生活環境や生活スタイルなどの様々な環境の変化に対して、私たちの身体はそれらを許容し生活しています。マインド形成特殊実習(環境変化と身体の応答)では、自らを取り巻く環境変化に対して身体の機能がどのように応答しているかを実際に体験・測定することによって、身体の適応や健康についての理解を深めます。
学習の到達目標 「身近な環境変化に対しての身体がどのように応答するか?」「なぜそのような応答が必要なのか?」を説明することができるようになる。
授業計画 第1回 私たちの生活の中で経験する環境変化を知る。暑さ、寒さ、身体活動の有無などの身近な変化にどう私たちが対応するかを予想してみる。
第2回 循環器機能の測定と理解(自分の血圧と心拍数、動脈血酸素飽和度)
第3回 体温調節の仕組みの理解(身体の部位ごとの体温)
第4回 暑熱環境に対する身体の応答(体温、発汗、血圧、心拍数)
第5回 寒冷環境に対する身体の実習(体温、発汗、血圧、心拍数)
第6回 測定したデータの整理
第7回 水に対する身体の応答(浸水応答)
第8回 水中での身体の応答(潜水、水中運動)
第9回 歩行運動に対する主観的、客観的な身体の負荷
第10回 強度の異なる運動に対する主観的、客観的な身体の負荷
第11回 測定したデータの整理
第12回 持久的運動時の生理的指標の変化
第13回 瞬発的運動時の生理的指標の変化
第14回 運動後の疲労からの回復を理解する
第15回 測定したデータの整理
授業外学習の課題 ライフコーダ―(加速度計つき万歩計)を付けて自身の活動記録を付けてもらいます。自身の安静時心拍数や血圧が日々どう変化しているかを授業外でも測定してください。
履修上の注意事項 実習科目ですので、その基礎となる人間環境学部開講講義科目の「身体の健康」を履修してください。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(50%)、レポート(50%)により評価します。
テキスト 随時配布します。
参考文献 ①竹宮隆,下光輝一 編 「運動とストレス科学」杏林書店 2003
②安井至 著 「環境と健康」 丸善株式会社 2002
主な関連科目 身体の健康
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は,授業終了時に受け付けますが,授業中にも積極的に質問をしてください。
大学交付のメールアドレスを利用してもかまいせんが,その際には件名に受講生であることを明記して節度を持って利用してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) FHES11174 2017~2017 1・2・3・4