授業コード 50017509 クラス 09
科目名 環境ゼミナールb 単位数 2
担当者 松川 太一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境コミュニケーション論ゼミナール Seminar in Environmental Communication
授業の概要 社会学はコミュニケーションやコミュニティなど、人と人の関係(=社会)について考える学問である。この授業では、コミュニケーションやコミュニティが直面している問題について、社会学の視点から調査・研究する方法について学ぶ。

調査・研究の対象として、ゼミ生が共通で取り組む共同テーマと各自が興味関心のある個人テーマの2種類を設定する。共同テーマは広島市近郊の中山間地域が直面している問題解決である。

後期の環境ゼミナールbでは、各自が設定した個人テーマに関する調査・研究計画にもとづいて研究レポートを作成する。
学習の到達目標 1 環境ゼミナールaで修得した読む力、書く力、話す力、考える力を調査研究に活用することができる。

2 各自が設定したコミュニケーションやコミュニティに関する調査・研究計画にもとづいて、文献収集や社会調査を通じて基礎的な研究レポートを作成することができる。
授業計画 第1回 【以下の授業計画は進行状況によって変化する可能性がある】
ガイダンス
第2回 就職活動について
第3回 研究の進行状況の発表と議論(1)
第4回 研究の進行状況の発表と議論(2)
第5回 研究の進行状況の発表と議論(3)
第6回 研究の進行状況の発表と議論(4)
第7回 研究の進行状況の発表と議論(5)
第8回 研究の進行状況の発表と議論(6)
第9回 研究の進行状況の発表と議論(7)
第10回 研究の進行状況の発表と議論(8)
第11回 研究レポートの発表(1)
第12回 研究レポートの発表(2)
第13回 研究レポートの発表(3)
第14回 研究レポートの発表(4)
第15回 研究レポートの提出
授業外学習の課題 ・特に環境ゼミナールbでは、授業外の時間に調査・研究を自主的に進めることが必要である。環境ゼミナールbにおける授業は、各自の調査・研究の進行状況について発表・議論し、今後の研究の進め方について出席者から意見をもらう場所だと考えてほしい。
・調査・研究テーマについて「現場」のリアリティを知ることを重視するため、授業時間外にも学外へフィールドワークとして出かけることがある。
・授業内容に関連する課題が出された時は取り組むこと。
・日常的に新聞記事やインターネット等から調査・研究テーマについて情報を入手し、その情報を授業内容と関連づけて考える習慣を身につけること。
履修上の注意事項 ・授業時間外にも学外へフィールドワークとして出かけることがあるので注意すること。
・諸事情により欠席する場合、事前に連絡すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(70%)、研究レポート等の課題提出(30%)を総合的に評価する。
テキスト 受講者の調査・研究テーマに関連したテキストを講読する可能性がある。
参考文献 松永桂子(2015)『ローカル志向の時代──働き方、産業、経済を考えるヒント』光文社(光文社新書,ISBN: 9784334038915)740円+税.
主な関連科目 環境ゼミナールa、環境社会調査、環境コミュニケーション入門、環境コミュニケーション論、卒業研究
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、授業終了後、オフィスアワー(曜日・時間は教員データベースに記載)の時間を活用してください。
上記以外で対応が必要な場合は事前に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 3
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES37102 2017~2017 3