授業コード 50017506 クラス 06
科目名 環境ゼミナールb 単位数 2
担当者 羅 星仁 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 持続可能な発展のための環境政策論 (Environmental Policies for Sustainable Development)
授業の概要 講義では、環境ゼミナールaで発表した各自の論文の完成度を高めるために、分析方法や論文の読み方などを中心に解説する。また、必要に応じて各自のテーマに関連する施設や企業などに対する現地調査を行う。最後にその内容を論文として作成する。
講義は、基本的に各自の進展状況の報告を中心にゼミナール形式で行うが、分析方法に関する理論的な基礎や環境関連施設の調査などに関する内容は解説する。
学習の到達目標 環境経済学における具体的な分析方法を用いてレポートを作成できるようにする。
授業計画 第1回 イントロダクション:講義概要
第2回 論文の問題点の整理及び論文作成の計画(1)
第3回 論文の問題点の整理及び論文作成の計画(2)
第4回 論文の問題点の整理及び論文作成の計画(3)
第5回 文献収集及び報告(1)
第6回 文献収集及び報告(2)
第7回 文献収集及び報告(3)
第8回 論文の分析方法(1)
第9回 論文の分析方法(2)
第10回 論文の分析方法(3)
第11回 論文の発表及びコメント(1)
第12回 論文の発表及びコメント(2)
第13回 論文の発表及びコメント(3)
第14回 発表資料の作成及び発表(1)
第15回 発表資料の作成及び発表(2)
授業外学習の課題 1.2-13回については図書館で自分の研究テーマに関連する資料を検索し、読むことが重要である。
2.5-7回は文献を読んで発表する必要があるので、その準備をする必要がある。
3.8-13回はの授業時間中に、自分の研究テーマに関するレポートを発表する必要があり、その準備をする必要がある。
履修上の注意事項 環境問題に常に関心を持って、関連する本や新聞などを収集することが重要である。毎回出席し、討論に積極的に参加すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(30%、課題提出、プレゼンテ-ション、討論への参加など)、レジメ(20%)、論文(50%)で評価する。
テキスト 使用しない。必要に応じてプリントを配布する。
参考文献 授業中に随時知らせる。
主な関連科目 資源経済学、環境経済学、統計学入門
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.授業中の質問はいつでも受け付けますし、質問時間も設けます。
2.授業終了後にも簡単な質問は受け付けます。
3.6回と13回の授業終了後に希望の多い日時を授業で調査し、学習支援センターのオフィスアワーを設定します。
4.緊急の連絡・問い合わせなどは,nasungin@shudo-u.ac.jpに連絡ください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 3
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES37102 2017~2017 3