授業コード 50017502 クラス 02
科目名 環境ゼミナールb 単位数 2
担当者 宇野 伸浩 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 「環境史」のレポート作成
授業の概要 現在の環境問題がなぜそうなってしまったかを過去にさかのぼって問い直すこと、半世紀の環境運動の高まりを歴史としてとらえることなど、日本史や世界史を環境という新しい視点でとらえなおしたり、あるいは歴史的な視点で環境問題をとらることを行えば、すべて「環境史」になる。「環境史」に取り組むことを通じて、長期的な視点で日本や世界の環境に関わる問題を一人ひとりが考えることを経験する。具体的には、各自が自分が選んだテーマにそって、書評、口頭発表、環境史のレポート作成に取り組む。自分なりの視点で問いを立て、それに対する答が結論に入ったレポートを執筆する。
学習の到達目標 自分のテーマについて、問いを立て、具体的な事実や専門家の意見・学説を調べた上で、自分なりの一つの結論や提案に到達することにより、問題発見能力、分析力、提案力、文章作成能力を高めることを目標とする。それを通じて、自分に合った思考方法を獲得することも目標とする。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 グループディスカッション
第3回 書評発表①
第4回 書評発表②
第5回 書評発表③
第6回 口頭発表①
第7回 口頭発表②
第8回 口頭発表③
第9回 口頭発表④
第10回 口頭発表⑤
第11回 口頭発表⑥
第12回 口頭発表⑦
第13回 レポート作成方法解説
第14回 レポート指導
第15回 レポート指導およびレポート提出
授業外学習の課題 テーマついての調査と分析、文献の探索、口頭発表の準備、レポートの執筆は、授業外の学習として各自が自主的に取り組むこととする。また、各自の口頭発表とレポートの内容については、授業外の時間に個別に研究室などで指導を行う。
履修上の注意事項 自分が選んだテーマを大切にし、どのようにすればテーマを深めることができるかをよく考えること。「環境歴史学」「民族と環境」が関連性の強い科目であるため、まだ履修していない場合は、できるだけ履修すること。事情があってゼミを欠席する場合は、無断で欠席せず、必ずメールで連絡すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 毎週の授業での積極性(10%)、口頭発表の内容(30%)、最後に提出するレポートの内容(60%)から評価する。
テキスト なし
参考文献 ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』上下、草思社
クライブ・ポンティング『緑の世界史』上下、朝日選書
飯島伸子『環境問題の社会史』有斐閣
鬼頭宏『文明としての江戸システム』講談社
速水融『歴史人口学の世界』岩波書店
主な関連科目 環境歴史学 民族と環境
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は授業中あるいは授業終了後に受け付ける。個別の相談には研究室で対応することもできる。その場合は、メールにより前もって連絡をすること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 3
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES37102 2017~2017 3